中沢みちのりホームページ走る中沢みちのり
ご挨拶

地域の優位性を活かし
      希望の持てる静岡へ

 静岡県民一人当たりの県民所得は全国47都道府県中、東京都に続く全国第2位。製造品出荷額は全国第4位に位置しています 。バランスのとれた産業構造が「ふじのくに」の経済を支えています。人口減少、高齢化を迎える中で、本県の優位性をさらに活かし、未来に希望の持てる、安定した地域社会を築き上げるためには、環境と調和した地域経済の発展を実現し、名実ともに住民一人ひとりの所得を増やすことが大切です。
 防災・減災、新成長産業の育成と雇用の創造。健康長寿日本一への取り組みと少子化対策の推進…。激変する社会環境に即応する、県政全般にわたる「大胆な意識改革」が始まっています。成功か失敗か…。結果はそのまま「飛躍する静岡県」になるか、「埋没する静岡県」になるかの結果に直結します。
 静岡県は今、古い政治手法は全く通用しない新たな局面を迎えています。経験と同時に「過去の延長線上に静岡の未来は無い」との視点で導く、新しく大胆な政策と、行政を納得させるしっかりとした議論とが求められています。
 私の思いはすべて、このまちを担う子や孫達の未来へ。これからも、ビシッと一本、筋の通った力強い政治を着実に断行していきます。

静岡県議会議員 中沢通訓

 --------------お知らせ-------------