2019年10月活動報告

9月県議会・建設委員会
由比”浜のかきあげや”1年振りの再開
▲[9月県議会・建設委員会]・ゲンティン香港の2020年清水港母港化の推移・駿河湾フェリー江尻漁港へのへの乗降場移転・リニア新幹線の河川使用許可の判断基準・清水港まちづくり公民連携協議会のデザイン 以上の問題を中心に質問を行った<10月>
▲[由比”浜のかきあげや”1年振りの再開]由比特産のさくらえびを主材料とした由比漁港直営店”浜のかきあげや”が再開。さくらえびの不漁で秋漁を中止、かきあげやも休業となっていたが、春漁再開に伴い再開となった。名物でもあって待望のお客が長蛇の列。消費税のアップもあって値段は200円アップの1000円。さくらえび漁の今後については模索がつづく<10月>
飯田八幡宮.秋季大祭
朝鮮通信使
▲[飯田八幡宮.秋季大祭]2年に1度は町内を神輿渡御が行われる。三時間ほどを練って本陣公園で気勢をあげ、長い石段をのぼり神社境内へ。最後は盛大な餅まき。子供と大人を分けての二部制。大きな袋いっぱいの餅でみんなえびす顔<10月>
▲[朝鮮通信使]徳川家康の時代から始められた朝鮮通信使、日韓の文化の交流に大きな成果が残された。江戸から明治の世になり、変革の原動力であった西園寺公望候の別邸、座漁荘がある興津は町をあげて大にぎわい<10月>
治山砂防議連”北海道胆振東部地震関係”
治山砂防議連”北海道胆振東部地震関係”
▲[治山砂防議連”北海道胆振東部地震関係”]3018年9月6日、震度7の大きな地震。北海道では最大の大きさで死者47名。樽前山防堰堤、富里地区急斜面事業等を視察。100メートルほどの低い丘が連続して土砂崩れがみられた。寒冷地なので屋外工事の期間が限定される条件があり時間はかかる<10月>
ラグビーワールドカップ”エコパ” ラグビーワールドカップ”エコパ”
▲[ラグビーワールドカップ”エコパ”]愛野駅近くに設けられたおもてなしゾーン。大会グッズや地域の特産ブース。地元の音楽、パフォーマンスなどが行われ大会を盛り上げる。ご褒美はラグビーのスタンド観戦。みんなハッピーな企画だ。静岡エコパでの4戦はいずれも4万五千人前後の人が集まっての熱戦で日本代表のアイルランド戦の勝利がベスト8初進出につながった<10月>
台風19号・伊豆上陸 台風19号・伊豆上陸
▲[台風19号・伊豆上陸]狩野川台風並みの大型台風の襲来が予想され、全県下大非常態勢。箱根で2日間で1000m/mの大雨、函南での土砂崩れで県の駿豆水道が破断、函南、熱海で断水、各地で大きな被害となった。土砂崩れ防止、河川堤補強等、事前のインフラ対策は際限がない<10月>
秋の園芸市 職業能力開発短大・安全祈願祭
▲[秋の園芸市]台風19号で出鼻をくじかれたが、恒例の園芸市。日本平運動公園には広い駐車場があり、花木の持ち帰りも便利とあって、旧静岡との交互開催をやめて、春・秋とも日本平に定着。赤土のプレゼントも好評で時間前に長い列。台風一過、富士山も姿を現し、お客さんはゆっくりと鑑賞していた<10月>
▲[職業能力開発短大・安全祈願祭]現静岡テクノの場所に静岡キャンパスを新築。これまでの専門校から短大制に移項し、内容を充実。技術を身につけ、実務型の技術者養成をはかる。沼津キャンパスとあわせてのスタートとなる。2年後に開校する<10月>
リニア中央新幹線・利水者訪問 県マスターズ陸上選手権
▲[リニア中央新幹線・利水者訪問]JRと専門委員のやり取りや県当局の説明を踏まえて利水者の意見聴取の必要と現地へ。大井川土地改良区、大井川広域水道事業団の役員と対談。天候に左右される川の水量なので、人為的に左右されることは許されないと強い意志を感じる。水は上流から下流へ流れるので、上流部は手を加えることは禁止すべきとも。利水者すべてが同じだろう<10月>
▲[県マスターズ陸上選手権]9月の全国大会では歩型違反ではじめての失格で、記録なしだけは阻止したいと出場。なんとかゴールして今年の大会参加は終了。シーズンに記録を出すにはその前後のトレーニングが大切。来季はもう少し頑張ってみたい<10月>
台風12号
台風12号
▲[台風12号]三保の松原では、松の倒木もあり、海岸では砂浜の浸食、ゴミの体積、遊歩道は砂で埋まってしまい、復旧は時間がかかる<10月>
ここ豆まつり ここ豆まつり
▲[ここ豆まつり]中河内の土地改良区の利用を考えて、枝豆の在来品種の収穫体験が行われた。昨年に続いての開催で豆腐、豆乳の味は保証済で次々と売れていた。まだ試作の域を出ず、面積を広げていかなくてはブランドの確立にもならない。お茶が頭うちの地区なので全面的な方向転回もあり得るかも<10月>
帆船・日本丸
▲[帆船・日本丸]3年半ぶりの入港。海王丸と交互に入港をしてくれるお馴染み。埠頭でのセイルドリルは最近は見られないのは残念だが、過去の写真でその勇姿を確認。近いうちに見たいものだ。富士山も歓迎していた<10月>