2018年4月活動報告

庵原マルシェ・順調に4年目
”清心亭”30周年茶会
▲[庵原マルシェ・順調に4年目]”清水中央青果”を会場に地元産の農作物や加工品を販売。市場ならではの野菜は今冬の高騰時には主婦を中心に開場1時間前から行列が出来る程の盛況であった。朝ラーメン、うどん、そばもあって朝食を兼ねての客も多い。地域性の特品物も人気<4月>
▲[”清心亭”30周年茶会]船越堤公園内の茶室”清心亭”で月釜を行う清心会が30周年のさくら茶会を開催。各流派が交互に茶会を催し、時季に合わせて多くの客に喜ばれている。この日は直径30センチ余、重さも7キロ余の大きな茶碗で薄茶を立てる大福茶。重さもあって介添人に支えられての一服は格別な味でした<4月>
待望の桜の開花
さくらカップサッカー大会
▲[待望の桜の開花]いつもより厳しい冬がいきなりの気温の上昇で一気に開花。開花しても雨風もなく例年以上に長く花を楽しめた。池には花ビラが形づくった”花筏”が見られ一句ひねってみたいけれど残念ながら素養なし<4月>
▲[さくらカップサッカー大会]年度初めの新学年での最初の大会。いつも雪深い帯広からも参加し、雪の中での練習ながら、強豪振りで30回記念大会も優勝。強い根性に敬服するばかり。いつも出来る温暖地、清水のチームは練習内容の再検討が必要かも<4月>
県立大学入学式
うつわとあかり展
▲[県立大学入学式]久し振りに参加。これまでは小中高の入学式と重なり不参加。大学653人、短大121人、大学院131人の合計905人。留学生は中国・インドネシアなど七ヶ国22人。短大は不人気故の定員割れか?学部の検討が必要かも<4月>
▲[うつわとあかり展]陶芸教室の生徒と福祉施設利用者の作品展。皿、茶わん、人形が色合いもよく目を楽しませてくれる。庭にはろうそくを灯す燈籠も多数配置された。本堂ではロックバンドのコンサートも。訪れた高齢者は初めてのロックにビックリ<4月>
三保グランドゴルフ
いきいきシニア作品展
▲[三保グランドゴルフ]いよいよスポーツシーズン。近年のグランドゴルフ熱は上昇レベルで少しの風雨には負けない。この日は曇り空であったが完全な防寒対策で元気にプレー。上位入賞者は区大会へ<4月>
▲[いきいきシニア作品展]手工芸クラブ”花いちもんめ会”の10回目の作品展。S型デイサービスの利用者も出品。絵画、書道や手工芸品などところ狭しと展示。JA小島支店が改築され広くなった展示場も早くもいっぱいに。来年は大丈夫かな?<4月>
月遅れのひな祭り 連鶴の会
▲[月遅れのひな祭り]旧五十嵐邸で。庭のキクモモも盛りを過ぎていたが、琴の演奏を聞きながら桜モチと抹茶でひと時の休息。蒲原に半年ほど滞留のスイス人夫妻も<4月>
▲[連鶴の会]折り鶴もかなり研究がされている。形の違う鶴も多い。今回は連鶴。どこかの部分でつながって100羽もの連鶴も展示され作り方に興味がわくが考えても分からない。実施指導しかないかも<4月>
大型客船の出航
客船・続々と入港
▲[大型客船の出航]通常はバンド演奏、数発の花火等での出航風景であるが新しい企画にして手筒花火が行われた。一発勝負でもあったが演出にもう少し工夫がほしかったところ。離岸してわずかな時間が過ぎての花火であったので船体との距離が少し近すぎたように思われた。次回に期待したい<4月>
▲[客船・続々と入港]この日は乗客定員212名のスター・レジェンドと3時間後には乗客定員2158名のセレブリティ・ミレニアムの同時入港が実現。スターレジェンドはほぼマンツーマンに近い最上位のサービスが売り物の客船。”ゲンテイン香港”の清水港整備が終了すれば大型2隻の同時入港も<4月>
山野草展
庵原・水彩画クラブ展
▲[山野草展]34回目の展示会。小作品がしっかりと手入れをされて展示され癒される。ここで買い求めた斑入りアマドコロ、ウラシマ草、ムラサキアブミが我が家でもうまく咲いている。増やすまではいかないが適度な肥料、水やりでなんとか根付いている<4月>
▲[庵原・水彩画クラブ展]交流館で教室中心に行われているクラブ展。写生に出かけての作品もあり、現地でスケッチをしてその後にしっかりと制作。知人の作品はその人の顔を思い出し、また性格をも考えその人らしさが醸し出されていてより興味がわいてくる<4月>
春の園芸市
”一葉会”歌の集い
▲[春の園芸市]合併以前からかなりの歴史がある恒例の園芸市。日本平運動公園の会場は駐車場も広く展示スペースもあって好適地。我が家のハナミズキも10年以上も前から定植してあったが原因不明で枯れているが今回は補充なし。植樹は過密になっても不適。でも緑が増えることは眼に優しく、街づくりの基本で多くの市民参加が必要<4月>
▲[”一葉会”歌の集い]カラオケ練習で上手下手は関係なく楽しく行っておしゃべりも。歌のダブりもないようにお互いに配慮しての選曲も。この日は急に一曲をと言われて”酒よ”を自分ながらに熱唱。朝からお酒では選曲ミス?<4月>
[第30回善光寺たけのこまつり すこやか長寿祭開会式
▲[第30回善光寺たけのこまつり]布沢地区自治会あげてのたけのこまつり。両河内のたけのこは有名なので多くのお客が。今年は豊作で味も上々。しし鍋、手打ちそば、よもぎもちもしっかりと食べて満腹でした<4月>
▲[すこやか長寿祭開会式]卓球.テニス.ソフトボール.マラソン.水泳.将棋.オセロ.俳句など34種目が競技種目でそれぞれの予選を行い、富山の全国大会へ。同一者の連続出場が不可で多くの人がチャレンジできる。長寿を楽しんでいる人でいっぱい<4月>

▼[世界遺産富士山議連・県外視察]「明治日本の産業革命遺産」の萩エリアの構成資産及び「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産郡」の構成資産等を12名の議員らで山口県、福岡県を視察<4月>
萩・明倫学舎正門前 長州ファイブ
▲[萩・明倫学舎正門前]藩校で3,000人が学んでいた
▲[長州ファイブ]伊藤博文、井上肇、等
手づくり人形展 萩・反射炉
▲[高杉晋作立子像]
▲[萩・反射炉]韮山と違って大砲はできなかった
松下村塾(復元) 沖津官遥拝所
▲[松下村塾(復元)]
▲[沖津官遥拝所]50キロ先の本殿を遥拝する
新原・奴山古墳群 宗像大社神宝館
▲[新原・奴山古墳群]古代豪族宗像
▲[宗像大社神宝館]奈良三彩小壺(国宝)沖ノ島には8万点の国宝

ステップUP清水 市議・県議合同研修会
▲[ステップUP清水]LNG火力発電所構想に反対し素人集団が集まり、政治色をできるだけ排除、各運動を実施。3年余の地道な活動により、会社側が計画中止を表明。社有地の有効活用をともに考えていく方針へと進んでほしい。とりあえずお疲れさま<4月>
▲[市議・県議合同研修会]ふじのくに県民クラブの静岡市選出県議4人と市議会志政会所属の8人で勉強会。難波喬司副知事による”静岡市の未来に向けて”の演題で。ほとんどが清水版で港を中心に今後の発展の基点になることを強調。次回は静岡版をとの声あり<4月>
客船歓迎事業支援 ハンド・イン・ハンド〜きずな〜
▲[客船歓迎事業支援]地元の清水銀行が創立90周年事業として客船歓迎事業支援としてテントを七張り寄贈。屋根部分には銀行で使っている柳原良平氏のイラストで客船をはじめ各種の船が描かれている。昨年の客船寄港実績は名古屋の36回を抜いて38回と東海地区でトップとなった。今年も<4月>
▲[ハンド・イン・ハンド〜きずな〜]福島県浪江町で塾講師をしていて東日本大震災に遭遇。富士市に避難。原発問題、放射性廃棄物の処理方法等を問題提起している。何年経っても忘れないで現実を直視することが大切だ<4月>
浜石岳を愛する会 浜石岳を愛する会
▲[浜石岳を愛する会]快晴の登山日和。由比駅から小島から興津から約2時間、707メートルの頂上へ。360度見回せる風景はまさに絶景。前は駿河湾、後に富士山、参加者には夏みかん、地元名物の沖あがりがプレゼントされる。沖あがりは豆腐とネギ、桜えびが入った漁師料理。由比響の演奏も。地元西山寺の皆さんありがとう<4月>
梅ヶ谷たけのこまつり
▲[梅ヶ谷たけのこまつり]水車小屋のある公園、ふれあいの里で開催。梅まつりの時と同様に名物の杵つき餅を平均年令70余才の昔の青年団が沢山ついて販売。大好評。焼きイモも。地域の人が協力しあってのイベントで近在から多くの人出がある。豊作の竹の子はサシミ用でも食べられるほどだ<4月>