2018年12月活動報告

両河内収穫祭
第19回県市町対抗駅伝
▲[両河内収穫祭]JAしみず管内支所毎に農産品の品評会を兼ねての販売会。同一の種を分けて大根やハクサイ、キャベツ等を作るのだが経験による肥料や水やりで優劣が決まる。出品されたものはみんな一級品<12月>
▲[第19回県市町対抗駅伝]暖かな日で応援にとっては楽。周辺の町内も交通整理はもちろん選手に激励のことばを投げ盛り上げる。コーチの技量はあるが潜在している選手の発掘がまず第一。小学生から大人までの男女取り合わせは難しさもあって清水は上位にはいかないのは残念<12月>
南米民族音楽コンサート 写真展”清水港の客船たち”
▲[南米民族音楽コンサート]駒越交流館。ペルーで演奏活動をスタートし東京ディズニーシーで活動。そして全国へ。兄弟とその子どもたち5人がそれぞれのパートを分担し、ラテンの音楽の楽しさを披露。駒越は地区での盛り上がりが見られ文化度が高まる<12月>
▲[写真展”清水港の客船たち”]今は市の広報ボランティアとして正式に委嘱されている望月さんがそれ以前から清水へ入港した客船を三保沖の入港時から日の出入りにあわせての客船の入出港のワンカットを展示。20年近くの客船の姿が一堂にあり、富士山の借景とマッチしている。やはり清水港には客船がよく似合う!<12月>
防災訓練 防災訓練
▲[防災訓練]県下一斉の地域防災訓練。それぞれの地域でのマニュアルで行われた。消化訓練・救急対応etc、AED操作は実際のときは素人がテキパキと操作できるかなと思う。でも大切なこと<12月>
庵原マルシェ
柏尾自冶会館新築
▲[庵原マルシェ]歳末特売と思わせるような大賑わい。玉ネギ一袋1000円が本日の目玉?ひと頃に比べて、葉物野菜の値がグッと安くなった。市場を除くと景気の動向も肌で感じるから現場主義は大切なこと。今では男性が料理するのも珍しくないから結構男性客の姿も。朝ラーメンもあり<12月>
▲[柏尾自冶会館新築]70年以上前に当時の農業会集会所として建てられた自冶会館。途中の修繕もあったが耐震性に問題ありとして新築。北側に山を控えているが急傾斜対策もあるので避難所にも。高齢者も多く、机、イスの大広間がS型デイサービスの利用にも。大事に使って有効に。各戸からの拠出もあっての完成なのでこの日は赤飯、焼ソバ、しし鍋など大安売<12月>
クリスマス”レーナ・マリア”コンサート
ダイヤモンドプリンセス来港
▲[クリスマス”レーナ・マリア”コンサート]キリスト教関係者の主催。クリスマスを祝う催事を毎年実施。この日のゲストはスウェーデンのゴスペルシンガーのレーナ・マリアさん。両手がなく歩行も不自由な身体だが声は高音で美しい。日本の歌も何曲も披露された。譜面をめくるには足をあげて足の指で器用にめくっていた。不自由さをものともしないで人生を生き抜いていく姿に感銘<12月>
▲[ダイヤモンドプリンセス来港]今年3回目の寄港ですっかりおなじみ。風もなく暖かな日和で歓迎式典も楽。風が吹いたり雨になると台無しになる。清水区マスコット”しずら”も快適そうな顔?をしている<12月>
袖師保育園生活発表会
グループ1306絵画展
▲[袖師保育園生活発表会]1才児から年長組までそれぞれの成長にあわせてのダンス、楽器の披露が。父母はもちろん両方のジジ、ババまでで1人の子どもに6人かけつけることもあってホールは廊下まであふれている。69回目の開催。歴史の長さに感心<12月>
▲[グループ1306絵画展]15年.20年のベテランアマチュア画伯展。後期高齢者となってきたが人が多く画風も落ち着いたものが多い。指導者はなくてもお互いが批評しあって進歩していく楽しさがあるとのことだ。ずーっと長く開いてほしい<12月>
篆刻展 秋葉神社.清庵纏まつり
▲[篆刻展]篆刻も字と同じでその人の感性で字体を決めればいいと言われても素人には何回見てもサッパリ。分からなくても何回も見ることだと言われるので今回もちょっと拝見。説明文を見てようやく判読だからまだ時間がかかる<12月>
▲[秋葉神社.清庵纏まつり]清庵地区の各分団からの選抜団員が分団の纏を振りながら約1キロの参道を練り歩き、防火を呼びかけた。子どもの頃にはカラッ風も強い中、参道にビッシリと露天が並びサーカス小屋があり、活気があったものだったが、昔日の感無量<12月>
四季を歌う会・ふれあいコンサート
マスターズ陸上.世界新.日本新.知事表敬
▲[四季を歌う会・ふれあいコンサート」宮川洋一氏の歌唱指導で区内交流館での合唱教室の合同コンサート。静響が伴奏をする豪華版。それぞれが3〜4曲ずつの披露で最後はみんなで。まず笑顔が大切ですね<12月>
▲[マスターズ陸上.世界新.日本新.知事表敬」鈴木昌子さん(浜松市北区)は70Wの部やり投げで29m03の成果新。遠藤隆さんは95Mの部ハンマー投げで13m58の日本新を樹立。鈴木さんはこれまでもやり投げで60.65でも日本記録、80MH七種競技70Wで日本記録を保持している。遠藤さんは全日本に15年連続出場し90Mでハンマー投げ日本記録、アジア記録を保持している。今でも週4〜5回練習している。ともにスーパーマン、スーパーウーマンである<12月>
今年最後の飛鳥2 蒲原.旧岩邊邸で第九”合唱”鑑賞会
▲[今年最後の飛鳥Ⅱ」横浜発着のクリスマスクルーズ。出港時には富士東高吹奏楽部の演奏、山作戦さんのギター演奏と歌で。ドラの音の出港とともに花火が打ち上げられ今年の止めとなった。清水港の歓送イベントは定着し船主側からも喜ばれているが次なる手を考えて新たなものを作ることも大切だ<12月>
▲[蒲原.旧岩邊邸で第九”合唱”鑑賞会]Cafeでコーヒーを飲んで、DVDでの第九の演奏を鑑賞。最後は蒲原の第九を楽しむ人たちとともに最後の部分を合唱。たぶん日本初の試みだろう。楽しかった。これで今年もおしまい。日本人はどうして歳末になると第九が恋しくなるのでしょう<12月>
草薙マルシェ
▲[草薙マルシェ]毎月末に開催。生産者だけにとどまることなく、県立大生をはじめ若者の感性で出店者を選定。こだわりのパン、コーヒー、手相占い、時には脊柱矯正も。広い駐車場があるわけではないがご近所はもちろん遠くからのお客も。買物より会話を楽しむのかな?時節柄お正月用品も<12月>