2019年5月活動報告

新年号”令和”スタート
由比いいもんまつり
▲[新年号”令和”スタート]大化から数えて248番目の年号が始まった。生前退位をされてのバトンタッチで祝賀ムードがあふれていた。神武天皇から126番目の今上陛下が日本国憲法の象徴となられた。平成の30年は自然災害の多い時代であったが平穏で国運隆盛の令和であってほしい<5月>
▲[由比いいもんまつり]例年は由比桜えびまつりで数万人の人出の街中であるが桜えびの不漁で早々に中止。このままではと各団体の有志による特産市が開かれた。時期としては柑橘類が少ない時ではあるが農水産物の加工品などがJA広場に多く並べられかなりの人出も。みんあ桜えびの不漁を嘆いていた。当然復活を願う声も<5月>
入山親水公園まつり
高齢者グランドゴルフ
▲[入山親水公園まつり]好天気に恵まれた親水公園の河原には、約100匹の鯉が気持ちよく泳いでいた。水をせき止めてマスのつかみ取りも。夏陽気で幼児は川の中で水遊び。SNSなどで知ってかなり遠くからのお客さんも見えている。町おこしの原点は手づくりのおまつり。つきたての草餅は飛ぶように売れていた<5月>
▲[高齢者グランドゴルフ]5月中旬なのに早くも熱中症の注意報が出る陽気。各地区から選抜されてのグランドゴルフ大会。芝の上での本番はいつもと違っても2ホール目には平常通りやれるほどの名人揃い。8ホールを2回行っての個人、団体戦だがホールインワンを2回以上とらないと上位入賞は難しい<5月>
静岡ホビーショウ
静岡ホビーショウ
▲[静岡ホビーショウ]国内最大規模のホビーショウ。タミヤ、バンダイをはじめ主要メーカーが静岡市内に点在する静岡はまさにホビーの街。EU経済圏の不況はあるが輸出の主要製品として強さを持っている。今回はじめて県内の小〜高までの開放日を設けて新しい需要開拓の企画も。ドローンも登場しはじめた。2倍の会場が欲しいとのこと。さあどうしよう!<5月>
トレインフェスタ2019 清水東・桜ヶ丘野球定期戦
▲[トレインフェスタ2019]鉄道模型展。グランシップの会場の複層階を使っての大規模展。年号で行っているので今回で何回目か分からないが親子連れはもちろんだが鉄キチ、鉄女も真剣な眼差しで見入っている。リニアもいいけどゴットン、ゴットン走る列車も楽しいものですね<5月>
▲[清水東・桜ヶ丘野球定期戦]校名が変わっても昔から近隣のライバルとしての定期戦は続いている。かつてはOB戦もあったが最近は現役のみ。夏の大会に向かってのスタートと応援する関係者は熱が入る。清水東が安打を連ねて12対5の大逆転勝ち。桜ヶ丘は秋季大会で県ベスト8なので本番が楽しみ<5月>
各地区運動会はじまる 第30回清水障害者スポーツフェスティバル
▲[各地区運動会はじまる]昨年は天候不順で21地区中14地区のみの実施であったので今年は熱中症をさけて5月から2地区のスタート。いつものように8月末、9月初めをさける日程だが、しかも雨天順延は選手集めの苦労もあって順延なし、体育館でリクレーション方式もある。若い人の参加がどの地区も難しくなっていて大きな改革が必要かも。ケガに熱中症に要注意!<5月>
▲[第30回清水障害者スポーツフェスティバル]平成のスタートとともに始まった大会も令和へと続いた。気温は高めだが風もあり湿気もなく大会日和。例年通り高校生ボランティア等も参加して約1000人の参加者が元気良くき回っていた。みんな楽しく生活していくことが大切<5月>
古代アンデス文明展 古代アンデス文明展
▲[古代アンデス文明展]これまで20年間にわたって5回目のアンデス文明展。南米につくられた文明がスペイン人によって滅ぼされたが、約1万5千年の文化が見られることはすばらしい。どうして金を探し出したのか、また加工を施し、今日まで伝えられたのか、たくさんの疑問があるが粘り強く発掘した人々に頭が下がる。一部を除いて写真撮影がOKなのもうれしい。多くの県民に見てほしいものだ<5月>
県マスターズ選手権 両河内ヌーボー完成
▲[県マスターズ選手権]シーズン到来で往年のアスリートが出場。それぞれの種目にチャレンジをしている。5才毎のカテゴリーはあるが分散してのレースは刺激が少ないのでまとめてのレースが多いのは仕方ないが結果はしっかりと出せるので不平もなく運営がされる。全国大会で上位入賞可能な人もあり楽しみ。県議選があり練習不足なので今回は欠場し9月の全国大会を目指してボチボチと練習を再開<5月>
▲[両河内ヌーボー完成]過疎化・高齢化の激しい両河内地域に賑わいをとNPOを立ち上げ地ビールをつくり、ジェラードも。マスコミへの話題提供によって人を寄せつけての活性化を目指している。生産量の少ない幻の酒米”亀の尾”を栽培、県の酵母”誉富士”清水の水で清水の酒屋でつくられたお酒が誕生。飲み口はカラッとした辛口。今回は100本限定。米の増産に期待しよう<5月>
当選議員 令和初飛鳥?入港
▲[当選議員]臨時議会が開かれ、選挙後に初めて一同の集合。川勝知事、副知事を交えて68人の新議員が写真におさまった。新年号”令和”元年議員一同<5月>
▲[令和初飛鳥Ⅱ入港]5月1日に令和はスタート。5月23日に清水港にはお馴染みの飛鳥Ⅱが入港。清水港開港120周年の本年は40以上の客船入港が予定されている。日の出埠頭も古い倉庫を取り壊し広場の整備も。新しい姿が待たれる<5月>
シニアクラブクロッケー大会 蒲原盆栽展
▲[シニアクラブクロッケー大会]各地区代表による大会で個人・団体戦が行われた。ゲートボールに近いが清水独自で考案されたゲーム。90才以上での初参加者には記念メダルが授与された。本日の最高齢は96才。元気です<5月>
▲[蒲原盆栽展]以前はさつき展であったが、さつきでの出展が少なくなり盆栽展に。いずれも手塩にかけての作品でお見事。お客を楽しませてくれるが製作者は整枝、水やりと毎日が大変ですね<5月>