活動報告2010年1月〜6月

初日の出
新春健康マラソン
▲[初日の出]1,500人余の人達と蒲原海岸で初日の出を迎える。平成22年の弥栄を願って万歳三唱の音頭をとる。有志協賛の一万個のもち巻きも。青空に映える富士山は日本一<1月>
▲[新春健康マラソン]35回を数える健康マラソン大会。各自マイペースで3km.6kmを走る。母校青学大は箱根駅伝で8位の快挙。私が走った45年前とは雲泥の差。次大会への期待も高まっていく<1月>
由比・豊積神社お太鼓まつり
第7回西川杯少年サッカー大会
▲[由比・豊積神社お太鼓まつり]約1200年前の坂上田村麻呂の戦勝報告があった時から今日まで続く県指定無形文化財。送り太鼓は夜中の12時に始まり半裸の担ぎ手に神水をかける荒行。見物人の方が寒い<1月>
▲[第7回西川杯少年サッカー大会]埼玉.大阪からの参加もあって36チーム。参加者の中からやがてワールドカップに出場する選手が生まれる事を期待した。小野伸二選手が清商3年間、西川さん宅に寄宿し今年からエスパルスに入団。活躍が楽しみ<1月>
自民県議団.政調勉強会
新春親子凧あげ大会
▲[自民県議団.政調勉強会]定期的な勉強会。この日は富士山静岡空港、高齢者介護の現状と課題を勉強<1月>
▲[新春親子凧あげ大会]私立幼稚園協会の子育てフェアとしての行事。快晴の三保灯台下の浜辺でたくさんの親子が凧あげに興じた<1月>
成人式
興津.耀海寺の新年祈祷
▲[成人式]各中学校区毎に行われる成人式は荒れる事もなく晴れ姿が美しい。全国で127万人の新成人の誕生<1月>
▲[興津.耀海寺の新年祈祷]水行祈祷。昼の日差しの中ではあるが冷たい行事。ご利益は大きい<1月>
水引き展/五十嵐邸
清水地区5ライオンズ合同例会
▲[水引き展/五十嵐邸]何日もかけての大作も。地域の人達の技の披露は大したもの<1月>
▲[清水地区5ライオンズ合同例会]チャリティゴルフの浄財で市立病院に車イス3台贈呈<1月>
知事要望
蒲原/秋葉神社火渡り
▲[知事要望]新年度予算に対しての会派としての要望を知事へ。税の大幅減収が予定される中であっても県民が元気に生活できる事項はしっかりと予算付けを要求<1月>
▲[蒲原/秋葉神社火渡り]火伏せの神の三尺坊の火渡り。例年おっかなびっくりで渡るが大丈夫<1月>
草薙神社のどんど焼き
区内の幼小中学生作品展
▲[草薙神社のどんど焼き]境内でのどんど焼きは木立に燃え移りそうな大きな炎。竹にダイダイと餅を挟んで火に炙る。各玄関口に飾って家内安全<1月>
▲[区内の幼小中学生作品展]図画、工作、書…たくさんの作品が個性豊かに並べられている。同じ工作でもそれぞれに面白さが感じられる<1月>
港町今昔写真展
次郎長"末廣"飾り雛
▲[港町今昔写真展]港町界隈の江戸末期からの写真展。街の移り変わりが分かって楽しい<1月>
▲[次郎長"末廣"飾り雛]近所の人が例年新作を加えていくのでいつになく賑やかになった<1月>
FDAのシュミレーター
静岡ガス/三号基タンク完成
▲[FDAのシュミレーター]本社内の訓練施設に搭乗。実際に空を飛んでいくようにセットされているもので周りの景色も連動して行く様は操縦しているのと同じ感覚。非常事態の訓練も<1月>
▲[静岡ガス/三号基タンク完成]無公害なクリーンエネルギーのLNGガスタンク。東京〜名古屋の中間点で山梨方面へ供給できる重要地点に完成<1月>
由比.蒲原商工会賀詞交歓会
三地区親睦バレー大会
▲[由比.蒲原商工会賀詞交歓会]商工会設立から50年を迎え、地域商工業の発展へ。それぞれの地域の原動力としての期待は大きい<1月>
▲[三地区親睦バレー大会]駒越.折戸.三保の体育会が合同で行うバレー大会。近隣との繋がりも広がる<1月>
中尾羽根新春イベント
第42回清水銀行杯小年少女サッカー大会
▲[中尾羽根新春イベント]地域の大人が子ども達に様々な体験指導。この日はもちつき、大声コンテスト、紙飛行機遊びを楽しんだ<1月>
▲[第42回清水銀行杯小年少女サッカー大会]チャイルドから中学まで清水区内の207チーム2600余名の参加で1月に7日間の熱戦。小6は今年は辻が優勝。閉会式では高校選手権決勝で敗れた清商の風間宏希キャプテンから講評が<1月>
スズキ鈴木会長ほえる
勝沢要先生叙勲祝賀
▲[スズキ鈴木会長ほえる]自民県議団と鈴木会長との懇談。VWとの提携の裏ばなし、これからの自動車産業、県内物流の方向性などいつもながらの元気さ。80才の誕生日直前だったのでお祝いに[大福もち]をプレゼント(会長の大好物)<1月>
▲[勝沢要先生叙勲祝賀]清水東高監督として21年間在職。この間にインターハイ7回出場し優勝3回、準優勝1回、高校選手権4回出場し優勝1回、準優勝3回の偉業を達成。県教委総務課長、熱海、浜西、掛西、藤枝明誠高校長、熱海市教育長を歴任。サッカー振興に多大な功績が残る<1月>
東照宮参拝
清水日中/春節の会
▲[東照宮参拝]ころころ会一行とともに。50年振りの大改修が終わった東照宮へ。創建当時の艶やかな色が蘇る<1月>
▲[清水日中/春節の会]中国からの留学生など例年以上の参加者で手づくりの餃子、お寿司を食べゲームや歌の披露もあり楽しいひととき<1月>

第61回ドイツ.ニュルンベルグ国際玩具見本市視察
幼児の教材から小型模型までの世界最大の見本市を静岡市長、市議らと視察。59ヶ国2700社の出展、115ヶ国75000人のバイヤーの参加。東京ドーム3ヶ以上の面積で繰り広げられるとんでもないスケールの見本市。静岡からはタミヤ.バンダイが出展。タイヤは43回目。ニュルンベルグは見本市を展開することで街の活性化を図っている。ドイツはエコ対策が徹底していてゴミ発電を考えていてもゴミが集まらず焼却場の停止もある程。自販機はなくアウトバーン(高速道)の照明は最小限度だけ。日本との生活意識のレベルの差を感じる。
タミヤ田宮会長はホビー業界世界最大シェアを誇るだけあって自信をもっての出展
ミュンヘン〜ニュルンベルグ間は鉄道乗車
▲タミヤ田宮会長はホビー業界世界最大シェアを誇るだけあって自信をもっての出展。エリア最大のスペースで陳列も豊富<2月>
▲ミュンヘン〜ニュルンベルグ間は鉄道乗車。改札も無く検札は1回だけで信頼がベース。地下鉄では入口にあるBOXにチケットを入れるだけ。住民の足である公共機関が無くなれば困るのは住民だから不正はしない<2月>
見本市会場は木のおもちゃ.鉄道模型.小型ロボット.プラモデル.小型飛行機etc
第2次大戦で80%以上破壊されたが出来るだけ忠実に復興させている
▲見本市会場は木のおもちゃ.鉄道模型.小型ロボット.プラモデル.小型飛行機etc。大人も楽しめるものばかりで1週間あっても足りない<2月>
▲第2次大戦で80%以上破壊されたが出来るだけ忠実に復興させている[ドイツの力]には関心する<2月>

建国記念の日を祝う区民の集い
由比まちの駅.つるし雛
▲[建国記念の日を祝う区民の集い]以前は清水市制記念を兼ねての集い。[経済が停滞して日本人が元気が無い。明治期の日本人は外国から高い民度がある国として評価されていた。武士道の精神をもって自信をもって対処出来る様新たなスタートをしよう]と県議代表として挨拶<2月>
▲[由比まちの駅.つるし雛]季節ごとに楽しませてくれる催し。古牧さんだけでなく近所の人も新作を持ち寄って年々鮮やかになる。今年はネクタイを再利用したものも出品。県外からの見物人も。まちおこしは住民の力によるものが原動力<2月>
第13回興津寒ざくらまつり
県立静岡北養護学校清水分校児童生徒作品展
▲[第13回興津寒ざくらまつり]アメリカ.ポトマックの桜が興津試験場で養成されたのを記念して行われるようになったまつり。日本の[あんこ]の発祥の地であることも兼ねた地域イベント。ゆかりの朝鮮特使も始めての雨天で残念<2月>
▲[県立静岡北養護学校清水分校児童生徒作品展]不自由であっても一生懸命な作品がいっぱい。共生社会の理念で明るく楽しく生活出来るようにこれからも一緒にやりましょう。分校は4月からは清水特別支援学校として旧清水工業高跡地に小中高一体で開校。少しだけのお手伝いだったが嬉しいことだ<2月>
JR清水駅愛称決定
清水まちなか新春文化祭
▲[JR清水駅愛称決定]愛称は[みなと口][江尻口]に決定。北口南口より地域性もあってわかりやすい<2月>
▲[清水まちなか新春文化祭]駅前銀座の活性化を願っての文化祭。キルト作品.絵画等の展示.食育イベント.もちつきが行われた。イベントは回数多く行わなければ効果が薄いので商店主の奮起を期待したい<2月>
第5回ふれあいコンサート
浜田地区バルーンバレー大会
▲[第5回ふれあいコンサート]アンサンブルWINDSによるチャリティコンサート。少人口の旧庵原郡下であってもやる気のあるリーダーによってやれるんだと感心する。少人数でも灯を消さない努力を続けていく情熱は金メダルもの<2月>
▲[浜田地区バルーンバレー大会]バレーボールは専門性が高く、競技人口が増えないがバルーンは中高年も気軽に出来るので人気上昇中。男女混合は地域のつながりが深まって効果大<2月>
ボーイスカウト清水地区大会
静岡おでん屋台村
▲[ボーイスカウト清水地区大会]清水区のBS全員集合のイベント。複数のウォークラリーが設置され区域内をユニフォーム姿で歩く事によって住民の認識が深まれば入団者の増加になるかも。8月には富士宮朝霧高原で2万人参加の日本ジャンボリー。一大奮起を期待したい<2月>
▲[静岡おでん屋台村]青葉公園広場で開催。B級グルメとして展開中の静岡おでん。東北、北陸、四国からもそれぞれの味で勝負。甲乙つけがたい味<2月>
御穂神社つつがゆ祭
地球深部探査船[ちきゅう]視察
▲[御穂神社つつがゆ祭]一年の産業の景気を占う古事。金融は良、農.漁.建設は不安とのこと。占いは五十歩百歩でしょう<2月>
▲[地球深部探査船[ちきゅう]視察]長さ210m.57000トン.中央部に高さ100mの地中に打ち込むためのボーリングやぐらがある。初めて見る船。波高10mの中でも海の上で3mの範囲で停止できいずれは地核マントルの岩石採取も企画するというビッグな船。地震のメカニズム解明を期待したい<2月>
サッカー育成会婦人フラミンゴリーグ閉会式
第23回清水フィルハーモニー定期演奏会
▲[サッカー育成会婦人フラミンゴリーグ閉会式]「ゆりかごから墓場まで」サッカーができる清水サッカー協会の他地区には見られない部門の閉会式。子供のサッカーを通して始められた父母のリーグで他のスポーツに子供が移っても親はサッカーも。清水から日本代表を.の熱意は継続中。現副会長<2月>
▲[第23回清水フィルハーモニー定期演奏会]スライド上映とコンピューターソフトを使って音声を出し、演奏と合体すると言う新しい試み。初体験なので少々戸惑いもあった。平成24年夏には新装予定の文化会館で全日本アマチュアオーケストラ連盟の全国大会が予定されており演奏の技量向上と大会運営の手腕発揮が期待される。現顧問<2月>
議員研修会[いのちの山河]映画鑑賞
ステンドグラス
▲[議員研修会[いのちの山河]映画鑑賞]幼児医療補助がなかった50年以上前に[人間の命が一番大切だ]と医療福祉問題に日本で最初に取組んだ岩手県沢内村の深沢村長の伝記映画。財政力が小さく国.県の補助が無くてもリーダーの情熱住民の理解によって政治は動いていくことをまざまざと見せ付けられた。[政治は信なり]と思う。涙なみだの2時間<2月>
▲[ステンドグラス]興津、駒越交流館での講習会参加者作品展。年数を重ねている人の作品は手がこんでいるものが多い。約50点の中から最高賞は誰に?<2月>
私立幼稚園絵画展
神道政治連盟総会
▲[私立幼稚園絵画展]約1000点の展示。区内幼稚園児が思い思いの絵を描いての作品で自動車、自画像等、楽しいものがいっぱい。名画伯はここから誕生<2月>
▲[神道政治連盟総会]全国で最初に設立された本県の議員連盟副会長として出席。山谷えり子参議院議員からは、[外国人の地方参政権][夫婦別姓]の問題点の講演。民主党政権の不安定さを実感<3月>
駿府城址の石垣補修始まる
墨佑社書道展
▲[駿府城址の石垣補修始まる]昨年8月の地震で周辺4ヶ所の石垣が崩壊。現況復旧工事に約7億円。築造時はすべて人力で造られたもの。昔の人の知恵に驚くばかり。来年3月完成予定<3月>
▲[墨佑社書道展]渡辺墨仙氏と関係者の書展。無学の私には解説書を見ながらの鑑賞。旧知の水上氏[元県中小企業団体中央会専務]と久しぶりに再会<3月>
かんばらすこやかまつり
NPO団体活動発表会
▲[かんばらすこやかまつり]児童館まつりと併催。昔の遊びを子供たちに指導したり健康相談ありで大にぎわい<3月>
▲[NPO団体活動発表会]11団体が日頃の活動を写真.絵でアピール。自然公園づくり、町並み保存など地道な活動を繰り広げている<3月>
木目込人形展
国際交流ひなまつり2010
▲[木目込人形展]昔は嫁入り道具のひとつとも言われたもの。七福神新作物もあって気持ちがなごむ。手が込んでいるものは数十万円<3月>
▲[国際交流ひなまつり2010]近在の留学生が参加。和服での茶席の正座は一様にシビレで大変そう。中国.ベトナム.ミャンマーからの留学生で短期間であっても日本語は上手<3月>
第19回ささやか趣味展
提灯づくり一筋130年
▲[第19回ささやか趣味展]退職校長会会員の作品展。写真.書.油彩画など多彩な分野での出品で教職現役時の顔が浮かんでくる。年1回の開催<3月>
▲[提灯づくり一筋130年][びら一さん]の作品展。お祭りの時の門前の提灯や神社の大提灯など各種の提灯が出展。丸型.桶型など製作工程が分かる。伝統技術も後継者難とのこと<3月>
二月県議会.委員会で質問
ボランティア活動推進議連と県協会と懇談
▲[二月県議会.委員会で質問](企画委員会)富士山静岡空港の搭乗率向上対策.次世代育成プラン.事業仕分けと新年度予算などに質疑。22年度予算、関係条例を可決<3月>
▲[ボランティア活動推進議連と県協会と懇談]約10年余継続して県ボランティア協会を支援。議連の浄財で災害ボランティアコーディネーター養成講座.若年ボランティア育成事業を実施。議連の幹事長に就任<3月>
清水テルサ文化祭
由比お太鼓まつり写真展
▲[清水テルサ文化祭]テルサで行われている学習発表会。ステンドグラス.茶道.書道.フィットネスなど多種な講座の催し。清水は昔から公民館活動が盛んな地域で連帯感が強い一因とも<3月>
▲[由比お太鼓まつり写真展]正月に行われた豊積神社の祭典写真。[入り太鼓]のお清め水が上手に撮影されていて臨場感あふれた作品が入賞<3月>
間伐材利用の漁礁設置
由比朝市の会発足
▲[間伐材利用の漁礁設置]一辺千メートルの三角柱状で作られた漁礁。今年で3年目になるが環境にやさしいように分解しても負荷がないものを使用しており立木を利用することで魚も多く寄るとのこと。由比港の沖合500メートルに8基設置<3月>
▲[由比朝市の会発足]20〜30代の4人の若年後継者がそれぞれの販売物を合同しての朝市。野菜.まんじゅう.サクラエビを安く販売。1時間前から長蛇の列で道路は人でいっぱい。若い発想で企画することは大きな期待がもてる<3月>
大内遊水池周辺整備
第31回静岡.ストックトン友好親善英語スピーチコンテスト
▲[大内遊水池周辺整備]視察]完成した遊水池周辺を桜の名所にと地域の自冶会.子ども会.老人会等200名が参加して桜の苗木の植林作業。将来は1kmの長さに延長するとのこと。3年もあれば花見も可能。楽しみだ<3月>
▲[第31回静岡.ストックトン友好親善英語スピーチコンテスト]初代会長として始まったスピーチコンテスト。入賞者の中から選抜して夏休みにアメリカ.ストックトン市に派遣。年々レベルアップして発表者も堂々のスピーチ。中学.高校.帰国子女の三部門<3月>
女子サッカー清水第8プレアデス出陣式
清水東高定時制卒業式
▲[女子サッカー清水第8プレアデス出陣式]一部のなでしこリーグへの昇格を目指しての出陣式。サッカーをプレイしたい一心で清水に就職した選手もいる。スポンサーも少なく遠征費の負担も大きく苦労しているが選手は生き生きとしている<3月>
▲[清水東高定時制卒業式]清水区内ただ一校の定時制卒業式。通常は夜間4時限授業で4年制だが早めの2時限を加えることも可能で今年は3年生15名.4年生11名が卒業。就職難で2名が未定。雇用対策は地域全体で考えなければ…<3月>
清水特別支援学校完成
第18回巴カップ争奪少年サッカー大会
▲[清水特別支援学校完成]静岡北養護学校の分校が清水小に併設されていたが就学者が増え、高等部は旧静岡へ通う変則制。清水工業跡地への開設となった。県下一の敷地で秋葉山公園も隣接し学児保育も計画されている。設置運動に携わって約6年。ようやく完成となった<3月>
▲[第18回巴カップ争奪少年サッカー大会]清水警察署少年警察ボランティア連絡協がこれまで主催していたが政権交代で関与中止となり浜田サッカースポーツ少年団が引き継いだ大会。18チームが参加して行われたが決勝は雨天中止。青少年の健全育成事業であることから主催者の復活を希望したいものだ<3月>
蒲原.白泉寺の大曼荼羅公開
龍っちゃんと皆さんの会
▲[蒲原.白泉寺の大曼荼羅公開]春の彼岸に合わせての公開。高さ25m.幅15mの大作で彩色されていて鮮やか。千手千眼観世音菩薩像。白泉寺は薬師如来をまつっているので近々新調予定とのこと<3月>
▲[龍っちゃんと皆さんの会]今春退職の松村龍夫静岡学園高校校長のライブ。現職中も時折開催していたが今回は4年振り。カントリーありジャズありで友情出演のシャンソンも。教職は去っても学校運営には携わっていくとのこと。まだまだ元気な60才<3月>
第2回6マル.ドリーム杯バレー
蒲原市民センター完成
▲[第2回6マル.ドリーム杯バレー]60才以上のバレーボール大会。13チームで三ブロック総当り制で多いチームは4試合も。スポーツを趣味にしている人は若い。家へ帰ればグッタリかも?<3月>
▲[蒲原市民センター完成]合併建設計画としての建て直し建設。支所業務.交流館.子育て支援センターの複合施設。完成記念として地元の人達で1年近く練習した[第九]が披露された。ご近所の知り合いがいっぱいで立見も出るほどの盛況<3月>
川端一郎回顧展
日本平ライオンズクラブで講演
▲[川端一郎回顧展]提灯づくりの[びら一さん]のお兄さん。家業は弟に任せて東京で勉強。スペインの風景を数多く残した。[岩絵]を使った日本画で色落ちしないのが特長。100〜150号の大作はさすがに圧倒される<3月>
▲[日本平ライオンズクラブで講演][県政あれこれ]の演題。富士山静岡空港の収支予想.合併効果などとあわせて民主党政権の問題点.対中国との安全保障までを講演<3月>
清水21世紀研究会研修会
韓国済州市訪問
▲[清水21世紀研究会研修会]市内企業.団体等で組織する同研究会(会長.望月薫アオキトランス会長)は講師に大村慎一県副知事を招いて講演会を開催。県政の実情と地方分権について話された。大村氏は静岡育ちであり母親は由比町出身と参加者も身近に感じたようだ<3月>
▲[韓国済州市訪問]済州市サッカー協会長と中学生の交流試合にて協議。世界少年サッカー大会「エコパ等」で好成績を収めた強豪チームの地元だけあって熱は高い<4月>
韓国済州市訪問
韓国済州市訪問
▲[韓国済州市訪問]済州市役所にて観光政策について協議。観光業に携わる人が70%以上の街であり誘客に熱心で富士山静岡空港と直接結ばれれば相互の利便は高まる<4月>
▲[韓国済州市訪問]済州市観光協会長とコンベンション会館で対談。三つの世界遺産を持つ済州市は静岡との交流を強く希望。気候.農産物が同一であり相互交流の拡大に希望大<4月>
蒲原御殿山桜まつり
袖師地区庵原川桜まつり
▲[蒲原御殿山桜まつり]例年より遅い開花となり天候不順で花の開きもいつもの勢いがないが地区の受け入れ態勢は万全<4月>
▲[袖師地区庵原川桜まつり]地区あげての桜まつりは太鼓、銭太鼓をはじめ住民の芸が披露され諸団体のバザーは大にぎわい<4月>
由比桜野地区まつり
第22回船越さくらカップ少年サッカー大会
▲[由比桜野地区まつり]13戸の住民が地名に恥じないようにと10数年前から桜を植樹。通路も整備し歩きやすく富士山の眺めも美しい<4月>
▲[第22回船越さくらカップ少年サッカー大会]遠くは帯広からの来清、富山.岐阜.奈良と遠来のチームを迎えての大会。決勝は日本平スタジアム。地元のチームは今年も優勝ならず<4月>
浜田小入学式
花あそびつるし雛教室作品展
▲[浜田小入学式]かつては1200人余の全校生徒だったが今では250人程。今年の1年生は41名。まさに少人数学級そのものの2クラス。ドーナツ化現象はいたしかたない。でも子供は元気いっぱいだ<4月>
▲[花あそびつるし雛教室作品展]独特なつるし雛。女性特有のきめ細かな作業によっての作品で色鮮やかさもあり目を奪われる思い。男性には不向きなのかな?<4月>
鳥坂大日如来まつり
由比寺尾七面山奉納相撲
▲[鳥坂大日如来まつり]まつり協賛の手打ちそば.たけのこも振舞われ地域住民手づくりのまつり。桜の花びらが舞う木かげでの集まりは地域の団結力が高まる<4月>
▲[由比寺尾七面山奉納相撲]旧由比町の町技とあって由比は相撲が盛ん。わんぱく相撲全国大会の予選も兼ねており家族の応援の声も大きい<4月>
布沢たけのこまつり
豊積公園完成
▲[布沢たけのこまつり]茶どころでもある両河内布沢。大釜で茹でるたけのこは今年は豊作で味もよく販売所は長い行列。草もちも大人気<4月>
▲[豊積公園完成]お太鼓まつりで有名な豊積神社近くに完成。約900坪の広さで由比では最大の公園<4月>
県立清水特別支援学校開校
辻交流館.10年前のタイムカプセル
▲[県立清水特別支援学校開校]県下最大規模での完成。旧清水工業高跡地に小中高生140人が通学。近くに秋葉山公園もあり有効利用ができる。6年越しの悲願完成で児童生徒の成長に期待したい<4月>
▲[辻交流館.10年前のタイムカプセル]10年前に地域の人々が設置したタイムカプセルの開封。当時の写真や10年前の手紙を見て集まった人々は大いに盛り上がっていた。夢のある企画で各地区で計画実行してほしい<4月>
キャシー松井さん
羽佐間正雄さん(スポーツジャーナリスト)
▲[キャシー松井さん]咢堂記念講演。本職は米大手証券会社の顧客アドバイザー。日系2世で姉弟4人がハーバード大出身。特別なエリート教育を受けたのではなく普通の田舎からというのがすごい。父親は花の生産で財を築いたがアメリカで得たものはアメリカの次世代育成にとそのすべてを奨学金へ寄贈。彼女の書である[子供にマネーゲームを教えてはいけない]は説得力がある<4月>
▲[羽佐間正雄さん(スポーツジャーナリスト)]元NHKアナ。11回のオリンピック中継は日本人最多。何事にも原点があるとして、水泳の古橋氏は琵琶湖横断遠征での人口甘味料ズルチンのコップ1杯のお湯であり陸上三段跳の織田氏は強い選手を真近に見てその技術を身につけ、南部氏はつま先歩きの登下校によるゾウのような足…。一流になるには何が大切か…<4月>
釉子会創作工芸七宝展
放課後支援(どれみ)開所
▲[釉子会創作工芸七宝展]会を重ねて33回目。ブローチ.ネックレス等の小物から額画.菓子器等、銅の型に絵を描いて何回も焼き、磨いての製作は半年〜1年と時間をかける根気の勝負とのこと<4月>
▲[放課後支援(どれみ)開所]特別支援学校生を対象とした放課後支援。午後6時まで利用可能。学校から施設までは車で送迎し、長期休暇中も開く。家族の負担の軽減が目的でNPO法人清水障害者サポートセンターそらが運営する<4月>
中尾羽根自然公園づくりの会
アートクラフトフェア
▲[中尾羽根自然公園づくりの会]野の花パーティ。野草を摘んでてんぷらに揚げ、たけのこ入りご飯を頂く。自然の中での子ども達は大きな声で元気いっぱいだ<4月>
▲[アートクラフトフェア]全国から180人の作家が出店。陶芸.ガラス.皮革.布.木工等多種多様な作品。どれもオリジナルで見ているだけで飽きることがない<4月>
県官公需組合と県協議
新茶摘み取り
▲[県官公需組合と県協議]下請け工事業の安価受注問題を協議。低価格落札による弊害防止のための対策を確立するように要望<4月>
▲[新茶摘み取り]今年の静岡茶市場の初取引で1キロ10万円の最高値[高根の香(はな)]を一服し同茶園で摘み取りも。3月末の凍霜害で今年はお茶の芽の伸びが遅いのが気がかりだ<4月>
一閑張り教室展
ペガサス清水カップサッカー
▲[一閑張り教室展]400年程前に明から帰化した[飛来一閑]が始めたと言われる漆器の1種。竹かごなどに和紙などを幾重にもノリで貼り固め、表面に柿渋などを塗ったもの。時間が過ぎると柿渋が風合いを増してくる<4月>
▲[ペガサス清水カップサッカー]駒越小サッカー少年団が主催。小学4年生の大会。全国大会3位のチームも出場し、レベルは高い。指導者交流会では各地区の名物を交換。他県の人がビックリするような名物を探し出すのも新発見になっていいかも<4月>
おめでとう蒲原市民センター
トリケン日曜大工&フリークライミング教室
▲[おめでとう蒲原市民センター]蒲原市民センター開館を祝ってのフェスティバル。太鼓.合唱.ダンス.バンド等小学生から大人までたくさんの催し物で地区住民いっぱいの観客席。420席と手ごろな席数でこれからの活用に期待<4月>
▲[トリケン日曜大工&フリークライミング教室]鳥坂建築工場内での日曜大工教室はパズル製作や木箱を、屋外ではフリークライミング体験。小学生はスイスイ登るが大人は手足の筋肉が弱くて途中でダウン<4月>
由比桜えびまつり
▲[静岡新聞.4月28日朝刊.政経プラザに掲載]<4月>
▲[由比桜えびまつり]恒例の桜えびまつりに東京・大阪からも来客。約7万人。川勝知事も初参加でしらす漁も体験。天候不順で浜値も7万円超で庶民から遠ざかっては寂しい<5月>
由比地持院
由比本光寺
▲[由比地持院]枯水山庭園とふすま絵の公開。杉山侃子さん[清水区]のふすま絵は石だけを書いたもので濃淡の色合いが引きつけられる<5月>
▲[由比本光寺]春まつりはまとい道中もにぎやかで多くの檀家.信者の手づくりのおまつり。好天に恵まれ仮装の七福神道中も大忙し<5月>
由比親水公園まつり
第6回みんなのコンサート
▲[由比親水公園まつり]由比川の上に鯉のぼりをあげ、いわな釣り.やきそば.もちつきと消防団.子ども会等、自治会あげての催しで住民総出の手づくりまつり。地域力も高めあい地区運動会では連続優勝<5月>
▲[第6回みんなのコンサート]子どもの日に大ホールいっぱいの親子が参加。真理ヨシコさん[NHK初代うたのおねえさん]の楽しい進行で歌.バレエの披露があった。出演者も多く裏方さんは大変なようだ<5月>
書家.杉浦大奎氏喜寿書作展
工芸家.金子高見氏知事訪問
▲[書家.杉浦大奎氏喜寿書作展]異業種交流団体[白雲会]主宰の杉浦氏の記念書作展。県書道連盟理事長も努められ中国との書道交流に熱心に取組んでいる。筆致は力強く性格そのものと感じる<5月>
▲[工芸家.金子高見氏知事訪問]本業の茶商に励みながら紙粘土工作でも知られる金子氏が凍霜害に苦しむ茶農家の奮起を期待して[お茶の精]の人形を披露。近く大作を知事に贈ることを約束<5月>
浅間神社.献茶式
手をつなぐ育成会
▲[浅間神社.献茶式]神社内での茶園で採摘されたお茶の献茶式。皇風煎茶禮式で毎年行われている。森下副宗家が作法にのっとり厳かに行う。日本の文化の継承は大切なこと<5月>
▲[手をつなぐ育成会]知的障害児者と家族の福祉向上に努力している団体。発足以来60年目。近年はこれらに対しての住民の理解も深く清水特別支援校も完成しまた大きく一歩前進。生活自立の模範者が表彰された<5月>
三保父親ソフトボール
第2回蛇塚まつり
▲[三保父親ソフトボール]県大会の予選を兼ねての大会。サッカーに押され気味だが全町内参加は頼もしい。目標は県大会出場<5月>
▲[第2回蛇塚まつり]蛇塚グランドを開放し地域と一緒に企画したイベント。芝生の上で親子揃ってのゲームは裸足で走り回って楽しんだ<5月>
四中生の職場体験
次郎長フェスティバル
▲[四中生の職場体験]ベイプレスで取材を受ける。中学生時代にこうした体験を積むことが将来の就活には役立つ。未来の敏腕記者<5月>
▲[次郎長フェスティバル]みなとまつりの時だけでなく次郎長通り商店街を歩行者天国にして道中おどりを披露。スポーツチャンバラ.三度笠投げ.スタンプラリーと楽しいイベントの企画が盛りだくさん<5月>
県政報告会
高齢者グランドゴルフ大会
▲[県政報告会]大ホールはほぼ満席で有難いことだった。川勝県政のこと、県議会のこと、政治のあり方などを報告。28回目の[和の会]のゲスト中尾ミエさんのトークは明るく楽しいもので中高年に元気をプレゼント。次回のゲストは…?<5月>
▲[高齢者グランドゴルフ大会]地区予選を勝ち抜いた猛者の大会。90歳以上の男2人女1人が特別表彰。最高齢は95歳の出口忠一さん。まさに元気な老人である<5月>
清水区自治会総会
日本空手松涛連盟県大会
▲[清水区自治会総会]清水区21地区全体の総会。遠藤会長[折戸]が再任され住みよい地域づくりのための諸行事が今年も行われる<5月>
▲[日本空手松涛連盟県大会]幼児から一般、車イスの部まで県下37道場の選手が参加。国内最大級の日本空手松涛連盟であり内容も充実。見ごたえのある試合の連続だった<5月>
中尾羽根公園づくりの会
Mt.浜石SpringLIVE
▲[中尾羽根公園づくりの会]春の里山探検で野いちごを収穫。市販のいちごを合わせてのジャム作り。みんなキラキラした目で心はワクワク。原体験は出来るだけ早くさせた方が絶対プラス<5月>
▲[Mt.浜石SpringLIVE]由比石川農園駐車場でのジャズコンサート。特設舞台で多くのバンドが出演。プロと地元のアマチュアの参加もあって大にぎわい。地元有志の企画の町おこしは次へ続くことまちがいなし<5月>
献血300回達成
第63回県警柔道剣道大会
▲[献血300回達成]市議会議員当選後、定期的に始めた献血。初めの頃は200ccの成分献血だったが成分献血に。血小板の採血が60歳を過ぎて血漿採血に。最近は月に1度を継続。健康管理にも大いに役立っている。おかげで30歳当時の体型を保持。70歳までの年齢制限まであと何回できるか?新たな挑戦がスタート<5月>
▲[第63回県警柔道剣道大会]被疑者への対応が適確に出るようにその基本である柔道.剣道の大会。県内23警察署をはじめ機動隊などそれぞれの部門からの選抜大会。全国大会入賞もあって静岡県警のレベルは上位<5月>
清水港インポートバザール.フラワーショウ
21回清水区障害者スポーツフェスティバル
▲[清水港インポートバザール.フラワーショウ]清水港ならではの輸入物品とバラをはじめ花の生産が多いことを区民にPRするために始まったイベント。すっかり定着。新種のバラの展示もあり花のオークションは呼び物として好評<5月>
▲[21回清水区障害者スポーツフェスティバル]ガールスカウト、高校生などのボランティアもあって22団体が参加。パン食い競争は思うように口で掴めなくて悪戦苦闘。応援の声も体育館に響き渡った<5月>
第15回日本ジャンボリーカウントダウンイベント
青学大陸上競技部激励会
▲[第15回日本ジャンボリーカウントダウンイベント][みんなで行こうあさぎりへ]を合言葉に8月に開催される日本ジャンボリー。2万人のスカウトが参加予定。青少年の夢の実現の第一歩をすばらしいスタートにしたい<5月>
▲[青学大陸上競技部激励会]長距離部門だけで40名近くになった青学大。箱根駅伝、今年は8位でシード権獲得。大物新人も加入で来春の活躍は今まで以上のものがある。4月は県議選なので現地への応援は無理かな?<5月>
浜っ子運動会
大内遊水池の草刈り
▲[浜っ子運動会]250人足らずの小さな学校だが元気いっぱいに走り回る子どもたちにエールを送る。入学して2ヶ月の1年生もすっかり学校になじんでいる様子が感じられる。5、6年生の組み体操も立派に出来ました<5月>
▲[大内遊水池の草刈り]遊水池性能低下を防ぐため地区住民が周辺の草刈りに汗を流す。農家が多く草刈機は持参で間に合い作業は短時間ですっかりきれいに整備された<5月>
43回自衛隊父兄会総会
清水サッカー協会総会
▲[43回自衛隊父兄会総会]歴代の自衛隊県地方協力本部から絶賛される清水の父兄会。定期的に県内部隊を訪問し、激励各種大会へも積極的に参加。自衛隊員の父母としての交流はお互いの相談相手としては身近な存在。災害時の自衛隊出動もスムーズに行くだろう<5月>
▲[清水サッカー協会総会]副会長に再任。チャイルドからスーパーシニアまで年齢幅の大きなチームを持つ清水協会。少子化ではあるが全国大会上位へ数多くの出場に期待が高まる<5月>
県畳適格組合ソフトボール大会
茶の樹の音楽会]を知事に伝達
▲[県畳適格組合ソフトボール大会]各地区持ち回りの大会を清水で開催。8チームが参加し[伊東]が優勝<6月>
▲[茶の樹の音楽会を知事に伝達]工芸家、金子高見氏の紙粘土作品でうさぎに凝した人形が指揮者に合わせて合奏している様は見事。金子氏の本業は茶の小売商<6月>
新静岡商工会議所設立記念式典
特養浜石の郷開設10周年
▲[新静岡商工会議所設立記念式典]静岡・清水が合併して7年目で商工会議所も合併。1万5千余の会員となり全国10位。きめ細やかな業務運営を期待<6月>
▲[特養浜石の郷開設10周年]地域福祉向上を願って設立され早くも10年。蒲原、富士にもケアハウスを併設。地域にすっかり定着して住民も安心<6月>
箏曲日蓮演奏
入江地区運動会
▲[箏曲日蓮演奏]本能寺[村松]開創500年記念として開かれた。住職婦人の父親が作詞、宮城道雄が作曲したもので日蓮の生涯を箏.独唱.合唱で演奏。小和田哲男氏の講演も好評<6月>
▲[入江地区運動会]2年前よりこの時期に実施。昨年は2種目で雨天中止。今年は大丈夫で2年分の力走.熱走あり。優勝者は区大会へ<6月>
三保.佐久神社祭典
歯の衛生週間行事
▲[三保.佐久神社祭典]子どもみこしも出て毎年盛り上がる。準備は大変でも継続は大切なこと<6月>
▲[歯の衛生週間行事]歯っぴい噛む噛む8020…虫歯予防のキャンペーン事業。40名の歯医者さんをはじめ、歯科衛生士.技工士.一般参加者600名でセンターは大にぎわい<6月>
静岡市の県政要望
トリノ.エジプト展
▲[静岡市の県政要望]静岡市長より要望事項の説明あり。アリーナ建設については市の要望にイエスとは言いにくい状況と説明<6月>
▲[トリノ.エジプト展]イタリアのトリノにあるエジプトコレクション展。全国縦覧展の最終となり久々の大型展。照明も工夫がされており多くの人出が予想される8月22日まで[県立美術館]<6月>
白雲会例会.今川氏の歴史と文化
漁業関係者との懇談
▲[白雲会例会.今川氏の歴史と文化]黒沢修氏[県大非常勤講師]によれば[静岡は徳川より今川をもっと大切にしなくては今日の静岡を語れない]と力説<6>
▲[漁業関係者との懇談]県漁港はじめ各団体からの要望.現状報告あり。県内漁港の合併による問題点.漁場整備等について説明。黒潮が沿岸に来ないのでシラスは例年の半分以下。温暖化の影響か<6月>
有東坂2区町内レクレーションスポーツ大会
白百合幼稚園運動会
▲[有東坂2区町内レクレーションスポーツ大会]町内だけのミニ運動会。34回目の開催で町民の半分以上の世帯が参加。数年前から雨対策で体育館で開催する。順延がなく進行もスムーズ<6月>
▲[白百合幼稚園運動会]父母はもちろん祖父母も参加で園内から日本平へ会場を移しての開催。程よい広さで駐車場対策は問題なし。雨で1日延びたが元気いっぱいの声が響き渡っていた<6月>
日本平ライオンズクラブ杯少年野球大会
えんぜる.バザー
▲[日本平ライオンズクラブ杯少年野球大会]清水区内13チーム.他地区から24チーム参加の大きな大会。今年こそ清水のチームの優勝を期待したいところだ<6月>
▲[えんぜる.バザー]障害者が働ける場所づくりで始まった[手作りパン]も22年目。内容の充実.拡大が目覚しいえんぜるのバザー。ボランティアの参加も多い<6月>
削ろう会
小原流いけばな展
▲[削ろう会]清水建築組合主催。県内の大工さんの技くらべ。今年は2〜4ミクロンで優勝。あまりにも薄くて向こう側が透き通って見えるほど。大工[中澤]は8〜9ミクロンでした<6月>
▲[小原流いけばな展]会員37名が参加。中には共同して一つの作品を仕上げるものもあった。感性の違う人がひとつの作品を作るというのも新しい流れとか<6月>
政策集団「志士の会」旗揚げ
政策集団「志士の会」旗揚げ
▲[政策集団「志士の会」旗揚げ]浜井.堀江.大岡氏と四人で議会会派を結成。中央政界の変化とは一線を引いて、地方独自の政治を求めて行くことを重点に行動する政策集団としてスタート。県政に新風をおこして行く決意。川勝知事からは「新時代の期待される政策集団になってほしい」と激励される<6月>
県政報告会
議員研修会
▲[県政報告会]企業.団体を主体とした[清水21世紀研究会]の県政報告会。ゲストは元県立大教授の高木桂蔵氏。[日本一の街.清水]と題して清水の歴史的に見た価値.住みよさを解説<6月>
▲[議員研修会][世界の最新航空事情と富士山静岡空港]航空アナリストの杉浦一機氏。旅客.貨物はこれからも伸びていく。格安運賃も当たり前となっていく。そのためのターミナルも必要となり地方空港のあり方も問われてくる…静岡の対応も…?<6月>
防衛セミナー
異業種交流会
▲[防衛セミナー]ソマリア沖.アデン湾の現状と海賊対処活動…船会社と防衛省の両者から現状報告があり、会場からも対処方法に注文など多数の発言があった<6月>
▲[異業種交流会]25年以上の歴史ある交流会。創設者の鈴木保氏の基調講演は人気がある。多くの情報を集めての適格な分析と明確な方向性は的を得ている。今年から静岡からの参加者も多く入会した<6月>
JAしみず総代会
明るい社会づくり推進協
▲[JAしみず総代会]1年の基本指針を決定。但し生産物の販売計画が前年より伸びていないのは少し気がかり。新規就農者も増えている中での目標値は少し高めがほしいところ<6月>
▲[明るい社会づくり推進協]地区自治会が中心となって運営。1円玉募金.黄色いバック贈呈.小さな親切表彰など地域社会の基本活動を推進<6月>
古布再利用の作品展
清水障害者サポートセンターそら
▲[古布再利用の作品展]古布を利用したつるし飾りや人形がたくさん展示されている。作品の作り方に工夫があるとのこと。説明されて気がつく私はやっぱり素人<6月>
▲[清水障害者サポートセンターそら]土屋前理事長が創立し10年目。山本理事長も精力的にスタッフと協力して事業展開中。決算内容も充実しているのでこれからも利用者に愛される受任内容であってほしい<6月>
第8回婦人バレーボール大会
海桜画
▲[第8回婦人バレーボール大会]参加チームが多くなり決勝までの試合数の関係で2つのブロック制に。でも1回戦チームは同じことだよね。数チームのリーグ戦方式がベストかも<6月>
▲[海桜画]増田喜良氏[興津中町]の作品。桜海老のヒゲを脱色した後に着色し作品に仕上げる特殊な技法による工芸品。独創的でおもしろい<6月>