活動報告2011年1月〜6月

新年初日の出
由比お太鼓まつり
▲[新年初日の出]雲ひとつない初日の出を梶原山のふもとで。今年は決戦の年。決意を新たに<1月>
▲[由比お太鼓まつり]正月恒例の祭事。1200年の伝統行事で真夜中の送り太鼓は神水を浴びても熱気がただよう。後継者育成に小学生も元気良く太鼓を叩く<1月>
初グランドゴルフ
第8回西川杯争奪少年サッカー大会
▲[初グランドゴルフ]草薙神社裏グランドでの大会は200人もの参加。広いグランドに元気のいい声が響く<1>
▲[第8回西川杯争奪少年サッカー大会]正月恒例の大会。埼玉.神奈川からの参加もあって36チームが熱戦。子どもは元気いっぱい。地元チームの優勝はならず<1月>
庵原地区新春の集い
商工会議所新年賀詞交換会
▲[庵原地区新春の集い]地区連合会主催の集いで各種団体等150人程の出席。街づくりの勉強会も恒例で地域の意識を同じくするためにも意義がある<1月>
▲[商工会議所新年賀詞交換会]静岡.清水の商議所が合併して初めての催し。両地区からの経済人が集まり新市の経済発展の新たな出発が期待される<1月>
第16回私立幼稚園親子凧揚げ大会
成人式
▲[第16回私立幼稚園親子凧揚げ大会]すばらしい天気に恵まれて富士山もスッキリ。でも風がなく凧揚げは不調。子育て相談もあって少子化社会での子育ての質問も。親子で3500人の参加者<1月>
▲[成人式]全国で124万人の新成人誕生。全人口の1%をはじめて割った。少子高齢化社会の現実を垣間見る<1月>
クレイアートの世界展
県警年頭視閲式
▲[クレイアートの世界展]友人の金子高見氏の個展。創作茶筒からはじめて20年余。近年は[うさぎ]を中心に製作し物語性もあって楽しめる<1月>
▲[県警年頭視閲式]機動隊.テロ対策隊など強い警察の年頭式。県民の安全.安心を担う県警は日夜の業務.訓練に励んでいる<1月>
草薙神社どんど焼き
第12回月見里記念版画年賀状展
▲[草薙神社どんど焼き]山と積まれた正月飾りや書初め、ダルマに火が入ると3m以上の炎で熱い。焼いたダイダイを玄関前に飾って無病息災を願う。年々人出が多くなっているとのこと<1月>
▲[第12回月見里記念版画年賀状展]版画家故月見里茂氏が開いていた年賀状展を継承。干支にちなんだものを初め、四季の風景や連作ものも。多色の版画の製作過程も<1月>
内外情勢調査会例会
浜田小持久走大会
▲[内外情勢調査会例会]伊藤忠中国総合研究所代表の古屋明氏。日本を抜いて世界第2位のGDPの中国だが1人当たりの国民所得は100位以下の実態は一党独裁のひずみと力説<1月>
▲[浜田小持久走大会]学年毎に距離を変えての持久走。冬であっても風もなく走りやすい日で応援の保護者の声援が響き渡った。不得意な子どもも最後まで力走<1月>
末広つるし飾り展
浜田太鼓
▲[末広つるし飾り展]次郎長28人衆かざり.清水エスパルス.港かっぽれなど清水にちなんだ人形や干支のうさぎの作品も多数飾られた。遠来の観光客からも好評とのこと<1月>
▲[浜田太鼓]浜田生涯学習館での小学生の練習。屋内でも音が響かない工夫がされた太鼓だがリズミカルに演奏。ここも女性上位<1月>
第19回三保地区合同親睦婦人バレー
菅原天神の祭典(東山寺)
▲[第19回三保地区合同親睦婦人バレー]三保.折戸.駒越の三地区でのバレー大会。ここ10年は折戸の10連勝。三保.駒越の奮起を<1月>
▲[菅原天神の祭典(東山寺)]学問の神様.菅原道実をまつる神社。受験期の学生.生徒.保護者が多く詰め掛けた。シシ鍋.甘酒のサービスも好評<1月>
加賀水引細工展(五十嵐邸)
第43回清水銀行杯少年少女サッカー大会
▲[加賀水引細工展(五十嵐邸)]20年以上も前に金沢へ嫁入りした女性の結納で相手先から渡された品々に飾られた水引。松竹梅.鶴亀を模した造形とは思えない作品<1月>
▲[第43回清水銀行杯少年少女サッカー大会]かつては青年会議所主催で[JC杯]と言われていた大会。この大会からオリンピック.ワールドカップに出場した選手もある。少年達には大きな夢を持ち続けて欲しいものだ<1月>
理容組合グランドゴルフ大会
S型ディサービス
▲[理容組合グランドゴルフ大会]運動不足解消としての大会。ソフトボール大会よりも参加者が多いと種目変更。三保の林間コースは変化があって見ていても楽しい<1月>
▲[S型ディサービス]月2回の開催。合併した蒲原でもすっかり定着。この日は幼稚園児の訪問あり.輪投げ大会ありで笑い声が飛び交う。昼食の煮ソーメンをご馳走になる<1月>
鳥坂グランドゴルフ大会
高校ハンドボール県新人戦
▲[鳥坂グランドゴルフ大会]最低気温が0℃に近い早朝であっても元気な老人が多く参加。愛用のスティックでホールインワンを狙う。ボールを追いかけて高齢者には適度な運動のようだ<1月>
▲[高校ハンドボール県新人戦]昨年逃したインター杯出場を目指して清水東高は県大会で優勝。2月の東海大会参加。新監督は5年間連続インター杯が目標と公言。期待したい<1月>
NPO法人ふれあい由比
清水サッカー協会.中高年令リーグ式典
▲[NPO法人ふれあい由比]合併時の地域活動を継承する目的で設立。青少年教育.文化.体育等6委員会がしっかりと地域に根ざした活動を実行している<1月>
▲[清水サッカー協会.中高年令リーグ式典]OBリーグ30周年.マリンフェアリーグ20周年.スーパーシニアリーグ10周年.ロイヤルリーグ3周年の合同祝賀会。40才代〜70才代の年代別のリーグ戦で全国的にも珍しいリーグ戦。少年団が少なくなるのに大人のリーグは増えている<1月>
中尾羽根公園里山学校
清水日中.春節の会
▲[中尾羽根公園里山学校]アウトドアクッキングでは飯盒炊飯。おこげもおいしくシシ鍋も。子どもを取り巻く指導者も熱心な参加。冬場は参加者が少なくなるのは仕方がない<1月>
▲[清水日中.春節の会]恒例行事。中国人の親子連れも多数参加。県内でも100名以上の参加での催しは珍しいとのこと。多くの先達の努力の賜物。尖閣諸島沖事件もあり真の友好の実現は?<1月>
県政報告会
県政報告会
▲[県政報告会]県議選は4月1日告示、10日投票と決定。各地区で県政報告会が開催される。静岡県の今後の行方、めざす道。清水の明るい未来を熱っぽく語る<2月>
節分
節分
▲[節分]昔は紙袋を持って各戸へ伺って菓子や豆をひろったものだが。幼い時には昔ながらの行事に参加することがいい思い出になる[有度幼稚園][岡八幡神社]<2月>
ギッター・コレクション展
第14回興津宿寒ざくらまつり
▲[ギッター・コレクション展]米国人ギッター博士が戦後まもない頃の来日中に日本の美術品を蒐集。[純粋でシンプルで素朴な]日本の美術品に魅せられて一大コレクションを築いたもの。伊藤若沖、白隠彗鶴、谷文晁、池大雅など見ごたえあり<2月>
▲[第14回興津宿寒ざくらまつり]昨年と違っての好天気。でもいつもより寒い日が続いたので桜は三分咲き。地区の物産市はお汁粉の無料サービスが呼び水で大にぎわい<2月>
ぼくのわたしの絵画展
若扇松会
▲[ぼくのわたしの絵画展/白百合幼稚園]幼児の自由な発想での作品は、時にハッと思わせる。年齢とともに色使い、構成の発達は知恵の進歩を感じる<2月>
▲[若扇松会]年齢を感じさせない楽しい集い。月に数回の練習を続けての発表会は新年会を兼ねての集い。歌を口ずさみながら優雅に踊る姿は大舞台でも大丈夫<2月>
事務所開設
市民交流まつり
▲[事務所開設]新たな闘いを前に新事務所を開設。役員一同とともに必勝祈願を行い、新たな決意<2月>
▲[市民交流まつり]ボランティア団体の大イベント。ダンス.踊り.ファッションショーが舞台で、餅つき.紙芝居をはじめ各団体紹介コーナーも多くの市民で賑った。中学生サッカー部の案内役も頼もしい<2月>
消防引退式
白雲会月例会
▲[消防引退式]昭和45年から40年間、地域防災の守り神のような存在だった消防車の引退式。3tの貯水タンクをもつ区内最大容量消防車。良く手入れがされていて現役で役立つのに強制?の引退。最後の放水には多くの人が感無量で見続けていた<2月>
▲[白雲会月例会/川添敬.日銀静岡支店長]失われた10年.20年とも言われる日銀の金融政策をわかりやすく解説。為替相場の決まり方.政策金利の操作とその効果などちょっと専門的な勉強でした<2月>
中部横断自動車道湯沢第1トンネル貫通式
大曲町もちつき大会
▲[中部横断自動車道湯沢第1トンネル貫通式]清水側で最初のトンネルが貫通。全長2290mが3年4ヶ月の短期間で貫通。順調に行けば予定より早い29年の早い時期に全線完成予定<2月>
▲[大曲町もちつき大会]例年行事で町内のおまつりグループなどが主体となって行っている。きなこ.大根おろし.大福など多種類の餅が食べ放題でした<2月>
建国記念の日
第3回しみずみなと屋台まつり
▲[建国記念の日]例年の式典の後、みなとまつりで名物行事の[次郎長道中]が披露される。区の周辺部の人たちにとっては目新しいイベント。残しておきたい伝承行事であり大きな拍手があった<2月>
▲[第3回しみずみなと屋台まつり]商工会議所青年部が街おこし事業として実施。おでん.焼きそば.焼き鳥などB級グルメのオンパレードに多くの市民が楽しんでいた<2月>
清水交流館まつり
日本平山頂梅まつり
▲[清水交流館まつり]絵画.生け花.七宝焼.カレー.コーヒー.お点前.フラダンス.カラオケ発表等終日交流館は笑い顔、拍手で大にぎわい<2月>
▲[日本平山頂梅まつり]東照宮の国宝指定でにぎわいを増す山頂の梅園は例年以上の人出。お茶席での和菓子も残りを考えながらだったほど。好天の下、遠望の富士山が美しい<2月>
志田正彦氏受賞祝賀会
知事と懇談
▲[志田正彦氏受賞祝賀会]蒲原商工会長として活躍中の志田会長の黄綬褒章受章祝賀会。結婚式以来の緊張だったとのこと。おめでとう<2月>
▲[知事と懇談]2月議会対策をはじめ議会対応.県課題などを懇談。川勝知事の前例にとらわれない発想は新時代の首長らしく懇談は楽しいひと時だ<2月>
清水区私立幼稚園絵画展
静岡ものづくりフェア&食の彩典
▲[清水区私立幼稚園絵画展]区内16ヶ園の幼稚園児の一大絵画展。見学は有度幼稚園児。幼稚園からの2.5kmを歩いての見学会。感性豊かな絵も歩き通したこともりっぱでした<2月>
▲[静岡ものづくりフェア&食の彩典]清水静岡の両商議所が新静岡商議所としての合併記念事業。工芸品や新技術.ご当地グルメや農芸品が広い会場いっぱいに展開。静岡市内の隠れた品々が沢山あって再認識<2月>
第6回ふれあいコンサート.アンサンブルWinds
梅ヶ谷.梅まつり
▲[第6回ふれあいコンサート.アンサンブルWinds]病魔と向かい合って演奏指導に情熱をかける田邊洋二氏。クラシックから軽音楽まで会場一体のコンサート<2月>
▲[梅ヶ谷.梅まつり]篤志家の土地に梅林を作ってのまつり。地元農産の品々はすべておいしい手づくり品。やきいも.お餅もおいしい。地域の人の街おこしへの情熱の熱さを感じる<2月>
ボーイスカウトBP祭
第13回いちょう杯サッカー
▲[ボーイスカウトBP祭]ボーイスカウトの生みの親.英国ベーテン.パウエル氏の誕生日を記念してBS活動のPRイベント。少年団活動としては多岐にわたっての科目があって心身を鍛錬するには最も効果のあるBS活動をもっと多くの人の理解がほしい<2月>
▲[第13回いちょう杯サッカー]藤枝.函南など区外チームも参加。16チームが好天気の中に熱戦展開。6年生最後の大会で身長差もあるが皆大きく、技術的にも成長していることを感じる<2月>
富士山の日
中富士山の日
▲[富士山の日]県指定の[富士山の日]のイベントとして由比漁港では体験乗船で駿河湾上からの富士山見物。[富士見の式典]では謡曲[羽衣]を現代劇SPACと協同作品として公演。知事は[平和宣言]を!世界遺産指定へ向けてまず第一歩<2月>
コーラスさるびあ創立30周年
第37回蒲原交流館まつり
▲[コーラスさるびあ創立30周年]5年毎に開かれる記念演奏会。折戸交流館ホールいっぱいの人たちが駆け付けての演奏会。週1回の練習で時には他流試合として各種大会参加や福祉施設慰問も<2月>
▲[第37回蒲原交流館まつり]ホールでは大正琴.太鼓.合唱.フラダンス等多芸の発表会。書道.蒲原古代塗.絵画等が展示。屋外は大福.野菜.弁当の販売。蒲原住民の特長が良く分かるイベント<2月>
任期最後の2月県議会
すこやかまつり.蒲原
▲[任期最後の2月県議会]青少年の健全育成、高速道路整備に伴う警察力の強化策などを質疑<3月>
▲[すこやかまつり.蒲原]地域の各種団体がPRを兼ねての参加。地域住民の絆が深まることは大切なこと<3月>
第10回地元茶でもてなす会.清見寺
薬師如来ご開帳
▲[第10回地元茶でもてなす会.清見寺]ホールでは大正琴.太鼓.合唱.フラダンス等多芸の発表会。書道.蒲原古代塗.絵画等が展示。屋外は大福.野菜.弁当の販売。蒲原住民の特長が良く分かるイベント<3月>
▲[薬師如来御開帳]約700年前の下野の崇寿寺の秘仏で60年振りの御開帳。晴天の下、多くの参拝客で賑った<3月>
大内.霊山寺まつり
第29回中沢みちのりと明日を語る女性のつどい
▲[大内.霊山寺まつり]歩いて15分程の山道の参道だが体力のバロメーターにはもってこいで今日も元気に登頂。多くの仏像の修復も近く完了すれば大祭典を実施とのこと。楽しみである<3月>
▲[第29回中沢みちのりと明日を語る女性のつどい]女優の草笛光子さんを特別ゲストに招いての開催。[女優を楽しむ]と題しての講演で1700余名の参加者に感動を与えた<3月>
県.浙江省書写書道交流展
3月11日.大地震発生
▲[県.浙江省書写書道交流展]友好提携25周年を契機に始まった文化交流のひとつで昨年は浙江省で開催。民間外交は文化交流が最適<3月>
▲[3月11日.大地震発生]マグニチュード9.0の大津波警報で国一.バイパス.東名高速が丸1日ストップ。東日本大震災。死者行方不明約25000人の大惨事。日本の危機管理のあり方を改めて考えさせられる<3月>
清水21世紀研究会
浜田小卒業式
▲[清水21世紀研究会]23年度県予算のうち清水区関係を中心に説明。川勝県政の進むべき道が少しずつ県民に理解され始めていると思われる<3月>
▲[浜田小卒業式]34名の卒業式。都市のドーナツ化であり、少子化で6年間1クラス。6年間の思い出を胸に中学へ。勉強に部活に頑張ってくれることでしょう<3月>
四季を歌う会.ふれあいコンサート
▲[四季を歌う会.ふれあいコンサート]区内の生涯学習交流館を主会場に練習を重ねているコーラスグループの発表会<3月>
県議選始まる
県議選始まる
県議選始まる
県議選始まる
県議選始まる
県議選始まる
▲[県議選始まる]定数1減の激戦区。今回は中沢のみが無所属出馬でその影響が不明で不安材料であった。団体.地区の組織の確認と再構築に努めての本番突入。コツコツと地固めされた組織は強力なものに成長しゴールへ一直線。街頭演説にも多くの人が耳を傾けてくれた。震災直後でもあり進めにくい環境での運動であったが、理解が得られたものとなった。23718票、過去最高得票で2位当選。六期連続当選となった。次の四年間は県政の変動期の大事な期間であり、しっかりとした政治行動が出来るよう努力したいと考えています<4月>
JA袖師.ふれあい朝市
第25回清水港黒鯛釣り競技大会
▲[JA袖師.ふれあい朝市]各地区のJAが定期的に朝市を実施。地産地消で安心.安全を消費者が実感。すっかり定着している<4月>
▲[第25回清水港黒鯛釣り競技大会]震災のため1ヶ月遅れの大会となり釣果はいまひとつ。でも多くのファンが県外からも参加。1年中黒鯛が釣れるのは清水港の自慢。トップは約60cm3キロの大物<4月>
春の園芸市
第46回社会人サッカーリーグ開幕
▲[春の園芸市]合併後は春と秋。駿府公園と日本平で交互に行われるが、日本平のほうが人気が高い。清水の人は花と緑が大好きな証拠<4月>
▲[第46回社会人サッカーリーグ開幕]かつては3リーグだったが育成会.OB.シニアが盛んになった反面、社会人リーグは参加チームが減少。今回は1部7チーム、2部5チームでのスタート。トップチームのエスパルスを目指しての選手の出現が待たれる<4月>
中尾羽根公園.春の野の花パーティ
第8回清水アート.クラフトフェア
▲[中尾羽根公園.春の野の花パーティ]公園周辺を散策して野草の採取。食べられる野草を天ぷらにして、タケノコの炊き込みご飯と一緒に頂く。50人を越える子ども達との食事は楽しくておいしい<4月>
▲[第8回清水アート.クラフトフェア]全国から集まったクラフト作家、180人の作品展。陶芸.ガラス工芸.木工等の作品が各ブースに展示即売。見ていて飽きがこない。JR清水駅前広場の立地もよく長時間楽しめる<4月>
片羽町.卯月市
両河内茶業会.茶初取引金額を寄付
▲[片羽町.卯月市]自治会館前の広場でもちつき.おでん.とん汁のサービス販売。マンション世帯との交流を目的に開催。きっかけがあれば同じ町内の付き合いが始まり、助け合いの輪が生まれる。準備は大変だが効果は大きい<4月>
▲[両河内茶業会.茶初取引金額を寄付]32年間連続最高値の両河内茶。今年は1キロ8万8千円の値で5キロ分、約44万円を東日本大震災への義援金に。被災地に届ける茶器やお茶を購入する経費に活用<4月>
浜石岳を愛する会
両河内茶業会.最高値茶の手摘み会
▲[浜石岳を愛する会]絶好の登山日和。風もなく富士山と駿河湾が一望できいつもより多い300人近くの人が登山。漁師の[沖あがり]汁と夏蜜柑等を頂く<4月>
▲[両河内茶業会.最高値茶の手摘み会][一芯二葉]の手摘みを楽しんで茶園で一服。消費者の農業体験はほんの少しでも大きな効果。生産者も消費者との交流によってニーズが分かる。将来への飛躍の一歩<4月>
高校総体.ハンドボール中部地区決勝
高山英夫氏(後援会役員)喜寿の集い
▲[高校総体.ハンドボール中部地区決勝]インターハイ出場の第1関門。清水商との対戦。スタートからリードを許すこともなく28-17で優勝。5月末の県大会も優勝して岩手花巻での出場を!<4月>
▲[高山英夫氏(後援会役員)喜寿の集い]元自衛官で地域ボランティアで活躍中の高山氏、お得意のカントリーソングを熱唱。とても喜寿とは思えない<5月>
由比復興支援イベント.やらざあバザール
茶工場視察
▲[由比復興支援イベント.やらざあバザール]東日本大震災のため中止となった油井桜えびまつりに変わって由比商工会の有志がストリートイベントを行う。自粛ばかりでは経済は動かない。由比町民の心意気は高い。由比のキャラクター[さくらゆいちゃん]も登場<5月>
▲[茶工場視察]気温が上がらず、例年より1週間以上も遅い新茶シーズン。霜の害はなかったが芽の出は遅く少ないのは残念<5月>
みんなのコンサート
トマト牧場でトマト狩り
▲[みんなのコンサート]子どもの日の恒例コンサート。子ども達の合唱.寸劇あり。NHK歌のお姉さん眞理ヨシコさんも友情出演。たくさんの親子連れで会場はいっぱい<5月>
▲[トマト牧場でトマト狩り]経営者の石野さんが趣味で馬を所有しているところから付けられた[トマト牧場]味は絶品、つづらなりのトマトを次々と口へ入れる。美味しかった<5月>
第3回蛇塚まつり
翠羊会作品展
▲[第3回蛇塚まつり]芝生サッカー場2面がある蛇塚グランド。地区住民が地域農産物の即売を兼ねて開かれる。特売品はネギ一抱え100円で長蛇の列。イチゴジュース、カキ氷も飛ぶような売れ行き。グランドでは幼児が芝生の上を駈けずり回っていた<5月>
▲[翠羊会作品展]旧公民館活動からスタートした絵画展。知人のKさんの作品もあり、毎回ごとの向上が素人の私にも分かる。何事も継続<5月>
紙ねんど作品展
清水区高齢者グランドゴルフ大会
▲[紙ねんど作品展]友人の金子高見氏の店舗ギャラリー。工芸茶筒からのスタートで最近はお茶の精[チャパーマン]を中心とした作品となった。3cm大の作品が100体も揃うと見ごたえがある<5月>
▲[清水区高齢者グランドゴルフ大会]各地区予選を勝ち抜いた強者20チームが参加。いつもと違って芝生の上なので転がり方が違って苦労している。好天気の下で元気いっぱい。元気な高齢者が多ければ医療費も助かるというもの<5月>
第50回静岡ホビーショウ
グランシップ.トレインフェスタ
▲[第50回静岡ホビーショウ]模型の街、静岡ならではの国内最大のイベント。高度な技術でつくられた作品に子ども達は目をギラギラ。特売品コーナーは黒山の人だかりで大人も夢中。福島原発の事故のため外国からのバイヤーはゼロだったとタミヤ会長。放射能に対する考え方が根本的に違うと実感<5月>
▲[グランシップ.トレインフェスタ]鉄道模型の大型イベント。最新型の新幹線から蒸気型まで大小の模型が走り回っている。スイッチを操作する体験コーナーも。屋外ではミニSLの乗車会も行われた<5月>
第22回清水区障害者スポーツフェスティバル
本陣朝市
▲[第22回清水区障害者スポーツフェスティバル]ガールスカウト.民生委員等ボランティア団体が支えて開かれる。約1000人の参加者。障害にめげずに頑張っている人たちにエールを<5月>
▲[本陣朝市]由比本陣の広場を利用しての物産市。商工会.漁協の青年部が中心となっての開催。この日は着物で外を出歩こうというグループが参加。男女の着物姿が多く見られ、観光客も楽しげだった<5月>
安行四季彩マットの展示
清水港フラワーショー&インポートバザール
▲[安行四季彩マットの展示]ペットボトルを再利用した樹脂の台に土代わりとしてピートモスを入れ、樹木.花を植栽する。軽量で屋上緑化にはもってこいの作品。これなら屋上が重くならず3mほどの木も育つという。研究の要あり。元するが花き卸市場社長浅井さんの作品<5月>
▲[清水港フラワーショー&インポートバザール]ガーデンポートシティづくりを目指して開催。モザイカルチャーの展示、切り花.花苗の即売。震災地の農産品、輸入品の即売もあって大にぎわい。最終日は展示品のオークションも。ダイアナ元王妃のバラも見事に咲いていた<5月>
清水区自治会総会
第44回清水区サッカー小学生リーグ開会
▲[清水区自治会総会]区内21区の自治会長さん集合。永年勤続者表彰も。合併しても地区行事を大切に行っている清水独自の運営は旧静岡をしのぐもの。大切に継続してほしい<5月>
▲[第44回清水区サッカー小学生リーグ開会]半年にわたるリーグ戦。男子26.女子4チームの参加で繰り広げられる。少子化のため単一学年で11人の構成が出来ないチームが出始めレベルの差が大きくなりつつある。実体に合わせた運営も必要となってきた<5月>
浜田地区子ども会球技大会
巡視船おきつ廃船
▲[浜田地区子ども会球技大会]低学年はドッジボール.高学年はバルーンバレーで男女混合。昔は男女別であったが少ない人数しかも子ども会未加入の町内もあって時代の変化を感じる。未加入は主として大人の理屈で大いに問題<5月>
▲[巡視船おきつ廃船]30年余、艱難救助などに活躍した[おきつ]が退役となりお別れ見学会。近年は機関砲も装備され領海侵入の重要な任務もある。7月には高速新造船が同名のおきつを継承して就航する<5月>
青学大陸上競技部新入生歓迎会
三協アルミ新商品発表会
▲[青学大陸上競技部新入生歓迎会]箱根駅伝への来年のシード校を獲得した青学大であり近年はトラック種目も大躍進。女子選手も有望選手が多く、総勢100名近いとのこと。関東ICでは二部三位で来年の一部復帰が待たれるところ<5月>
▲[三協アルミ新商品発表会]市内の協和が主取引・三協アルミの展示会。新商品のサンルーフは良くできている。ホンダのロボット[アシモ]もPR活動にひと役<5月>
清水森林組合総会
蒲原.さつき展
▲[清水森林組合総会]国土の70%が森林地帯の主産品、木材価格の低迷脱却は大命題。林道.産業道の規準が変わり、木材搬出が容易となるが木材への意識を変える努力が大切。山地に人が住まなくなれば都市は荒れてくる。一歩ずつ前進をはかっていきたい<5月>
▲[蒲原.さつき展]地元の愛好者の作品。気温が上がらず今年は思うようにいかなかったとのこと。盆栽は手間がかかり、最近は趣味でやる人が少なくなったとのこと。たしかに3年毎の植え替え.せん定.水やりなど大変な手間で時間の余裕がなければ無理。でも作品はりっぱなものばかり<5月>
清水東高.ハンドボール全国総体へ
中部横断道整備促進協議会
▲[清水東高.ハンドボール全国総体へ]決勝は御殿場高を24-19で敗り2年振り10回目の総体出場。8月に岩手県花巻市で。県レベルは低く、今年は2回戦以上へ進出してほしいものだ<5月>
▲[中部横断道整備促進協議会]清水区域内の工事は順調。29年供用開始を少しでも早くして完成したらこの道を通って日本海を見てみたい。1日で太平洋〜日本海を往復できるようになる<5月>
清水東高学校祭
浜っ子運動会
▲[清水東高学校祭]今どきの高校生はTV社会の申し子のように物怖じしないで舞台度胸もいい。バザー、展示、科学・物理実験もあって楽しめる<6月>
▲[浜っ子運動会]5人の孫が通う浜田小運動会。昔のような単独レースはなく、ほとんどがクラス単位のリレー方式。全学年が2クラス以下なのでスムーズに行われ好天気の下、見物人ともどもに熱中した一日<6月>
ふれあい由比総会
日本空手松涛連盟・県大会
▲[ふれあい由比総会]合併で地域活動の継続を懸念してのNPO発足。自治会、体育、文化等の委員会別の活動が継続され、市の委託事業も順調<6月>
▲[日本空手松涛連盟・県大会]幼児から大人まで型.組手そして車イス空手と幅広い種目で行われた。県下37道場の精鋭が覇を競った<6月>
歯の衛生週間
政民合同会議
▲[歯の衛生週間]虫歯予防の恒例の行事。永年の歯科医.技工士等による虫歯予防指導で近年は低年齢児の虫歯が急減しているとのこと<6月>
▲[政民合同会議](国分良成.慶大法学部教授)中国は現実対応型国家を目指し対米関係を重視した国家運営に邁進している。700万人の大学生の就職難をはじめ、地方の党幹部の不正が多く地方の暴動もおこっている。日本の対応も海防を中心に急ぐ必要ありと熱弁<6月>
由比清水東高会
静岡市当局よりの要望
▲[由比清水東高会]清水ニ中生の時のカナダへの交換学生留学がきっかけでアメリカへ留学。陸上競技を続け、400mでは全米学生大会への出場も。米国で中・高の教師も経験。清高卒業生も多方面で活躍中でうれしい報告会だった<6月>
▲[静岡市当局よりの要望]4月から新年度がスタートしているが国.県を巻き込んだ施策は翌年分は6月にスタート。田辺新市長の新しい色付けがどんなものになるか楽しみである。桜ヶ丘病院の移転改築については現在地周辺の医療不安がないように対応するように注文<6月>
えんぜるバザー
明るい社会づくり推進協議会
▲[えんぜるバザー]オープンして23周年…早いものだ。地域にすっかりと根付いて多方面からの注文も多く施設運営は順調<6月>
▲[明るい社会づくり推進協議会]善行表彰をはじめ児童の交通安全など地域づくりの核になる事業を計画。今年もよろしく<6月>
24人で見た清水・写真展
障害者サポートセンターそら
▲[24人で見た清水・写真展]さつき通り周辺の風景写真展。蔵.消火栓.船だまり…視点を変えてのスナップは楽しいもの<6月>
▲[障害者サポートセンターそら]故土屋さんが5年、現在の山本さんが5年で11年目に。法律がめまぐるしく変わって対応に苦慮しているが黒字運営はたいしたもの。これからに期待したい<6月>
由比お買得朝市
百花園JAZZコンサート
▲[由比お買得朝市]昨年3月に30代の若手4人でスタート、今回は新たに5社が参加。桜えび.しらす.ビワ等種類も多くなって開始前に100人以上の長い行列。若いから何にでも挑戦してほしい<6月>
▲[百花園JAZZコンサート]施設入所者と家族、地域住民が楽しんだ。軽いJAZZで手拍子も。気分転換も必要<6月>
佐藤千太郎氏・叙勲
JA清水総代会
▲[佐藤千太郎氏・叙勲]元清水消防二分団団長の佐藤さん。瑞宝単光章を知事より伝達される。おめでとうございます。東日本大震災があって例年より2ヶ月遅れとなった<6月>
▲[JA清水総代会]お茶の放射能問題、TPP等多難な農政の時代。常勤役員を15年つとめた望月組合長が退任。柴田新組合長のもとで新3ヵ年計画がスタート<6月>
JR清水駅前整備される
婦人バレーボール大会
▲[JR清水駅前整備される]バス発着場がようやく整備終了。周辺の再開発事業も建物が建ち始め駅前の顔が見えはじめた<6月>
▲[婦人バレーボール大会]40才以下.以上のクラスで18チーム参加。最近の選手は皆、背が高い<6月>
堂林防災訓練
駿府城跡外堀石垣修復
▲[堂林防災訓練]東日本大震災もあって200名以上の参加。単独町の訓練としては大勢の参加。3ヶ月前の事ではあるが直面したらどうするかが問われてくる。訓練の繰り返しが大事だ<6月>
▲[駿府城跡外堀石垣修復]09年8月の駿河湾沖地震の時に崩落した県庁前の外堀石垣が修復された。すべてを元の石を使えず色がなじむにはかなりの時間がかかるだろう<6月>
蒲原桜えびやきそば普及会3周年
▲[蒲原桜えびやきそば普及会3周年]協賛のなすび、山田一郎商店と3種類の味付けのやきそばとイワシカレーを堪能。いずれもB級グルメだが地方ならではの味覚であり大切にしたい<6月>