活動報告2011年7月〜12月

社会を明るくする運動
蒲原.堀川水神社50周年記念祭
▲[社会を明るくする運動]保護司歴40年の活動を通しまた地区連合会長として犯罪のない社会づくりに貢献した浄見全良氏の講演。地域全体で明るい社会づくりをと力説<7月>
▲[蒲原.堀川水神社50周年記念祭]往時は大きな水路で物流拠点であった地域。50周年を記念して子どものハッピと太鼓を新調。地域振興を願って初打ちの披露<7月>
エス・エルワールド(株)の情報交換会
6月県議会総務委員会
▲[エス・エルワールド(株)の情報交換会]国内産の原木の需要見通し、中国市場の動向、為替の動向等商社からの情報をもとに研修。関係各社の幹部の話は相互の意思統一に役立つもの<7月>
▲[6月県議会総務委員会]節電目標と現状、職員の健康状態、浜岡原発停止による財源の減収等について質問。避難ビルの早期指定、海抜表示制度の導入を提言<7月>
清水七夕まつり
近代資料展(五十嵐邸)
▲[清水七夕まつり]好天気に恵まれ昼も夜も大にぎわい。イベントがなくても人出が多ければ市街地の商業も発展するのだが現状は問題点が多い<7月>
▲[近代資料展(五十嵐邸)]明治〜昭和の教科書、文具の展示。往時がしのばれる逸品が多く見られた<7月>
第11回叶屋ゆかたまつり
県港湾整備促進大会
▲[第11回叶屋ゆかたまつり]夏につきもののゆかたを着て一夜を楽しむ会。恒例の催事でこうした活動が広がれば毎日の暮らしにアクセントが出てくるだろう<7月>
▲[県港湾整備促進大会]県内港湾の整備促進と物流の伸展を期待して関係者が集って意思確認。清水港の新興津地区の国際海上コンテナターミナル第2バースも整備は着々と進行中<7月>
港町商店街.音楽と波止場の夜店まつり
灯ろうまつり
▲[港町商店街.音楽と波止場の夜店まつり]金魚すくい、もつ煮込み、揚げたて黒はんぺんフライ等のから東海大翔洋高やアマチュアバンドまでにぎやかなイベントがいっぱい。商店主の意気込みが強く感じられる<7月>
▲[灯ろうまつり]沢山の灯ろうが「家内安全と先祖供養」の願いをこめて巴川をゆったりと流れる<7月>
第27回マリーンフェスティバル
由比.北野天神宮まつり
▲[第27回マリーンフェスティバル]日の出埠頭では27チーム参加の羽衣レガッタ。ヨットの体験乗船もあった。遠く富士山も見えて多くの人が楽しんだ<7月>
▲[由比.北野天神宮まつり]旧由比役場前広場で盆踊り。由比の人はおまつり好きでしかも踊り好き。老若男女が遅くまで楽しんでいる<7月>
三保あさりまつり
彩りフェスタin由比
▲[三保あさりまつり]恒例行事なのでPRしなくても沢山の幼児連れがいっぱい。台風余波で今年は波に入らなくてもあさりがとれるように工夫されていた。1杯100円のあさりの味噌汁がおいしかった<7月>
▲[彩りフェスタin由比]清見潟大学塾の由比発表会。コーラス、南京玉すだれの発表あり。ロビーでは型染め展も。中高年こそ社会参加が大切<7月>
袖師保育園夏まつり
岡小.芝生グランド完成
▲[袖師保育園夏まつり]鼓笛演奏、年中組のおみこしは見事。ジジ.ババも総踊りに参加して花火も楽しんだ<7月>
▲[岡小.芝生グランド完成]市内で初めての芝生グランド。TOTOの補助金活用で完成したが、サッカー、ソフトは禁止。管理も地域の人だのみで夏場は大変だ。管理しやすい野芝の方がとの声もある<7月>
朝顔まつり
女子サッカー大会
▲[朝顔まつり]法岸寺境内に多くの朝顔がこの日に合わせて開花させるのは大変なこと。でもセミプロの人は暑い夏をうまく手入れをしてくるものと感心。<7月>
▲[女子サッカー大会]「なでしこジャパン」の女子ワールドカップ優勝もあって女子のサッカー熱は急上昇。決勝は地元勢争いで清水第八が蒲原クラブに3-1で下し優勝。やがて日本代表が出てくるかも<7月>
堀江竜一県議死去
▲[堀江竜一県議死去]「志士の会」初代代表の堀江県議が急逝。同期同年令で葬儀委員長を務める。人生のはかなさを感じる。数日前までメール交換をしたばかりでやるせないものだ。少なくなった「志士の会」だが盛り立てていかなくては…<7月>
▼モンゴル国県民交流団(7/27〜8/1)
中国とロシアと国境を接し、日本の4倍の面積だが人口は約270万人。
交流を図るドビノゴビ県は首都ウランバートルの東南約260kmに位置し、中国国境にある。県全体で57,000人で近県に世界最大級の埋蔵量60億トン超の優良炭田が発見され、県都サインシャドは要路となる。パンティーン・ガンホヤグ知事(51才)はモンゴル国立大学卒業後、東京外大、信州大、米コロラド大、ニュージーランドビクトリア大、青学大を経て外務省、2008年知事就任。
日本語は家族全員ができる。今回は県創立80周年記念式典への参加。静岡県との友好協定締結が主要行事。青少年の相互交流は近く始めることになる。詳細は後日。
ガンホヤグ知事と
ドビノゴビ県議会議員と
▲ガンホヤグ知事と
▲ドビノゴビ県議会議員と
創立80周年記念式会場にて
城所在モンゴル日本大使と
▲創立80周年記念式会場にて
(本県議団、知事、議長はモンゴル衣装)
▲城所在モンゴル日本大使と
▲日本の4倍の国土ではあるが人口は270万人のモンゴル。静岡県と友好関係となったドルノゴビ県は中国と国境を接する人口6万人弱の県ではあるが世界一の石炭田を持つ発展有望県。この石炭を基に県づくりを考えており日本への輸出の橋渡しを本県が担い、青少年の相互交流をも考えていければと思う。見渡す限りの原野、満天の星、日本では考えられないゆっくりとした時間の流れの中で青少年が大きな夢を持てたらと思う。早ければ来年から事業はスタートに。
親子でトンチンカン
第21回全国高校定時制サッカー大会
▲[親子でトンチンカン]国産材加工工場での夏休み恒例イベント。慣れない手つきでノコゴリ、カナヅチを使って巣箱、本立ても仕立てる。親子合作でのひと時は出来栄えは問題外<8月>
▲[第21回全国高校定時制サッカー大会]全国から31チーム参加。常連の清水東高は13人ながら2回勝ったが準々決勝で惜敗。全日制チームと違って練習不足、体力不足は仕方がないことか?次回に期待<8月>
第64回清水みなとまつり
(株)スズキ鈴木修会長と
▲[第64回清水みなとまつり]東日本大震災もあって例年より規模は縮小。しかし清水っ子の熱気は平年以上で暑い夏を吹き飛ばした。女性陣の地踊り衆も定着。各チームが昔ながらの揃いの浴衣で踊る様は風情がありお馴染みの次郎長道中に今年もスタッフで参加。役者は定年退職となった<8月>
▲[(株)スズキ鈴木修会長と]久しぶりの対談。80才を超えても第一戦で活躍し、小さな機械メーカーを軽自動車で[世界のスズキ]にまで成長させたエネルギーは強烈なものを感じる。VWとの提携の今後、県政への注文と広い話題で楽しいひと時を過ごす。お土産は清水のあんみつ<8月>
郷土の先人達
写真館協会展
▲[郷土の先人達]郷土史研究会の主催。お茶とみかんで村おこしを行った片平信明氏。明治の元勲.井上馨氏。自由民権運動の先駆者山梨量太郎氏を三回シリーズで。住んでいるところに関係する先人の話は次の世代にも伝えたいもの<8月>
▲[写真館協会展]写真館でのプロカメラマンによる家族写真展。七五三や誕生祝、結婚、還暦などの節目を祝う家族写真は写真館の個性が表れて楽しめる<8月>
駄菓子屋「めだか屋」
上清水八雲神社
▲[駄菓子屋「めだか屋」]子育て支援のエキスパートの植田さんが開設。自宅を改造して5円10円で買える駄菓子を並べる。近所の子ども達の社交場でもありお年寄りも若返る。子どもの時には近所に必ずあった駄菓子屋。そこでの想い出はいくつになっても忘れないもの<8月>
▲[上清水八雲神社]伝統の百貫神輿。関係町内を七時間近く練り歩く。少子化のため知り合いに参加してもらい今年も無事終了。時代とともに地域の伝統行事を維持していくのは大変だが中断してしまうと復活は絶望となる。今こそ協力者が必要なときである<8月>
環境フェスタ
各地区夏まつり
▲[環境フェスタ]環境を見直してエコに目を向けての生活をと企画されたイベント。古着を利用した花づくり、牛乳パックを使った工作、自転車を使った発電コーナーなど体験しながらエコ生活への感覚を身につけていければと願う<8月>
▲[各地区夏まつり]お盆に合わせての夏まつりが各地で行われた。横砂では[袖師ヶ浦大綱太鼓]が創作され、入山では餅巻き、今宿では抽選会も。それぞれの地域性があって楽しいものだ。蒲原では3日間11時〜12時まで踊るところもあるほどで清水の人は元気者揃い<8月>
第25回草サッカー大会
県議会総務委員会.浜岡原発視察
▲[第25回草サッカー大会]男子256チーム、女子32チームの計288チームが清水に集結。始まった当初は少年サッカー界の清水だったので「清水でサッカーを」と強豪チームも参加。近年は地元が低迷しているのは寂しい限り。炎天下、選手も役員関係者もお疲れさま<8月>
▲[県議会総務委員会.浜岡原発視察]休止中の浜岡原発を視察。今夏の電力状況、発電所の地震.津波対策について質疑。18mの防波堤を約1000億円で計画とのこと。原子の反応を制御できれば心配はないのだが、想定外だけは止めてほしいと住民は思っているのでは…<8月>
蒲原まつり
県民の日
▲[蒲原まつり]交流館駐車場を利用しての地区まつり。太鼓、高校生バンド、踊り、花火もあって大にぎわい。蒲原の人はおまつり大好き<8月>
▲[県民の日]静岡県誕生を記念して毎年全県下で各種行事を開催。[蒲原宿の会]では抹茶と浄瑠璃姫まんじゅうの無料サービス。ウォーキングの人達も思わぬプレゼントを堪能<8月>
由比商工夏まつり
マスターズ陸上
▲[由比商工夏まつり]雨天のため中学体育館で開催。ステージでは太鼓、ダンス、歌、踊りが披露された。呼びものは抽選の特等お米100kgどうやって持ち帰っただろうか<8月>
▲[マスターズ陸上]今年で4回目の出場。3000m競歩に出たが毎年体力は低下していくのを実感。ようやくゴールといった状況だった。でも参加することに意義もある。100才で100m30秒を切って世界新記録の人も参加しているのだから自分はまだまだヒヨコ<8月>
各地区体育大会開催
布沢川ダム説明会
▲[各地区体育大会開催]10月の区民大会予選を兼ねての大会。例年盛夏での開催となったがすっかり定着。区大会で上位の地区はしっかりと練習を重ねるとのこと。秋に向けて敬老会、地区まつりと行事も多く自治会役員は休みなし。地域のまとまりを強くするために効果は大きい<8月>
▲[布沢川ダム説明会]ダム見直しとなって建設中の布沢川ダムの検証が行われての地元説明会。ダム方式、貯水池方式導水方式、いずれかになるとしても費用対効果をもとに地元に歓迎されるものに落ち着いてもらいたいものだ<8月>
清水東高.峰岸君知事顕彰
中電火力発電所視察
▲[清水東高.峰岸君知事顕彰]オランダで開催された[第52回国際数学オリンピック]に日本代表として参加、見事銀メダルを獲得した峰岸龍君(3年)に知事顕彰が授与された。中学生の時に高校生の姉の数学を指導していたとのこと。一人が頑張ると他の生徒も学業部活で頑張る効果がでていると校長先生。今後が大いに楽しみ<8月>
▲[中電火力発電所視察]福島原発事故以来、火力発電所が脚光をあびる。LNGの川越、石炭の碧南火力を視察。川越は480万kw碧南は410万kwと国内有数の発電量を誇る。ともに1兆円の投資で約1000人の雇用がある。CO2対策、熱源の安定供給に問題がなければ原発よりもベターだ<8月>
ストックトン市派遣生報告会
袖師生涯学習館完成
▲[ストックトン市派遣生報告会]S-S友好市民の会会長在任時より中高性を派遣。約30年の実績を持つ。今年も中・高生5人と教師1人を派遣。多くの体験がこれからの人生で華開くことを期待<9月>
▲[袖師生涯学習館完成]老朽化した会館を改築。途中、建設会社の倒産があって6カ月遅れてのオープン。地域住民の学習拠点として今後の諸活動が活発に行われると思われる。屋上には太陽光発電も<9月>
観光資源活用促進特別委視察
由比地区敬老会
▲[観光資源活用促進特別委視察]北海道知床方面を視察。知床の世界遺産保護は観光客誘致と保護の両面を生かす苦労を感じる。東日本震災後、観光客の落ち込みが激しいとのこと。(オシンコシンの滝前)<9月>
▲[由比地区敬老会]区内最初の敬老会。会場では各クラブの舞台発表、幼児の遊戯もあってなごやかなひと時。米寿の人の踊りも<9月>
第8回ヤマザキ・フリフォーレスCup少年サッカー
由比地区収穫市
▲[第8回ヤマザキ・フリフォーレスCup少年サッカー]小学校三年生の大会は珍しい。第11回大会出場者の中にはスペインへ渡り活躍している選手も。小さい時から夢を持って実現のために努力していくことはすばらしい<9月>
▲[由比地区収穫市]ぶどう園、なし園での収穫市。例年の催事でファンも多く、狭い山道もスムーズに入れる。手入れの行き届いた果物はまさに美味。暑い夏は果実がうまい<9月>
岡ふれあいコンサート
さくらワークバザー
▲[岡ふれあいコンサート]歌とピアノとクラリネットのコンサート。50名ほどの観客のミニコンサートなので楽器の解説は分かりやすく高齢者にやさしいものとなった。最後はみんなで「ふるさと」を合唱<9月>
▲[さくらワークバザー]障害者介護施設さくらワークのバザー。蒲原太鼓の出演もあって地区住民が多く出席。焼き鳥、焼きそば、かき氷と出店も多数。バザー用品は長蛇の列であっという間に完売<9月>
県消防操法大会
浜田地区大運動会
▲[県消防操法大会]各地区予選を勝ち抜いた精鋭チームが覇を競った。各消防団の人員不足もあって数年前から規律訓練がなくなったのは寂しい。規律正しいポンプの操作は火急の時には頼りになる<9月>
▲[浜田地区大運動会]雨で1週間順延で実施。日延べになると選手の編成で各町は苦労する。終盤の小学生のリレーが大いに盛り上がる。上清水町の優勝<9月>
市長よりの県要望聴取
空海展
▲[市長よりの県要望聴取]大きく5項目を要望される。懇談の中で市の9月議会上程される。映画街の静活所有地を31億円で買収し市水道局が移転することに対し発言。現清水庁舎の水道局職員の移動は清水のにぎわいづくりに配慮がない。対応を早期に提案するようにと。結果に注目したい<9月>
▲[空海展]密教美術の中心の空海展。国宝・重文が多数出展されており、建物の中に入る前から長い列、炎天下で汗びっしょり。県内の寺院にも数多くの国宝・重文があるので一堂に集めれば反響は大きいと思う<9月>
蒲原「青山荘」へ
平太さんと語ろう(清水マリンビル)
▲[蒲原「青山荘」へ]明治期の内大臣、学習院長を歴任した田中光顕子爵の別荘。晩年の約20年間居住。4千坪の敷地内に応接間、書斎等がゆったりと配置され樹林も当時のままに保存。現在は日軽金が所有。後の軸は昭憲皇太后からいただいたものとか<9月>
▲[平太さんと語ろう(清水マリンビル)]知事の地方公聴。由比漁港青年部、子育てサポート等6人が発言。知事がそれぞれにコメントをしていくスタイルで県政を分かりやすく説明。知事の人柄も理解されやすい<9月>
スポチャンフェスティバル
清水地区敬老会
▲[スポチャンフェスティバル]台風余波で他県の参加者が少なかった。由比は発祥地の自負がある場所なので広くアピールし県内各地域の愛好者を多く募ることが大切<9月>
▲[清水地区敬老会]100才で式典に参加はすばらしい。S38年に153人の100才超が今では千万人超。長命だけでなく元気にいられる長寿社会であってほしい。今年の最高は114才の京都の男性。県内は伊東の111才の女性<9月>
清水バンドフェスティバル
ファミリーコンサート
▲[清水バンドフェスティバル]ドリプラ近くのステージで開かれる。アマチュアバンドが中心で暑い夏の屋外ライブは若者向きイベント。軽ジャズが中心<9月>
▲[ファミリーコンサート]中学生から一般までオーディションで選ばれたバンドによってのコンサート。敬老の日にちなんで老人から子どもまでを対象にポピュラーな歌が中心。会場の希望者も指揮者に<9月>
今宿北野天神社拝殿新築
故堀江県議勲記伝達
▲[今宿北野天神社拝殿新築]昨年11月近隣の火災で焼失。地域関係者の熱意で短期間で再建。秋まつりに間に合って役員は満面、笑も<9月>
▲[故堀江県議勲記伝達]7月11日に亡くなった堀江龍一県議に、正六位・旭日双光章が授与され知事より光代夫人に伝達され、大岡県議と立ち会う<9月>
台風15号静岡県を直撃
台風15号静岡県を直撃
▲[台風15号静岡県を直撃]浜松に上陸、県を通過し各地に大きな被害。清水区内も強風で、土砂崩れ、倒木。電柱が倒れて最大4日間停電があり、冷蔵庫が使えなくて生活が不便に。原発事故問題以来電気のありがたみを再認識した住民が多い。被害地の早期復旧を。わが家もサルスベリの古木(高さ5m)が倒れた。清水港袖師埠頭の大型クレーンが風にあおられレールを走行しクレーンとぶつかり損傷、一基は補修不能となった<9月>
鈴木修スズキ会長来清
第35回動物愛護フェスティバル
▲[鈴木修スズキ会長来清]清水では珍しい鈴木会長の講演。VWとの提携問題で東奔西走中にもかかわらず、原発、JALの破綻問題について熱弁。40年以上も企業トップであり続けている人の話は多く聴衆に訴えるものがあったと思われる<9月>
▲[第35回動物愛護フェスティバル]県内持ち回りでの開催で清水は2回目。愛護絵画、作文コンクールの入賞者に県議会議長を伝達。会場ではうさぎ、小犬、ヒヨコと子どもたちは楽しんでいた。警察犬の模範演技も<9月>
草薙大龍勢
福祉のまつり2011
▲[草薙大龍勢]好天に恵まれ今年も盛大に。すべてがうまくいく訳には行かず中途で下降する時は会場からため息が。各グループ秘伝の作り方を競い合う県無形文化財<9月>
▲[福祉のまつり2011]東北復興支援を合言葉に福祉の心の醸成を願う大イベント。チャリティバザー、福祉体験コーナー、フリーマーケットと多彩な催し物が盛り沢山で終日大にぎわい<9月>
第17回清水歌謡塾発表会
第22回しみず職人まつり
▲[第17回清水歌謡塾発表会]多くの塾生がホール舞台で熱唱。やはりプロにならって何回も練習している人は上手。年齢に関係なく音域も広く大きな声が出る。この回も女性優位だ<9月>
▲[第22回しみず職人まつり]建築関係11業種がそれぞれの技量発揮して小物を販売。匠の技を要所に披露。木工教室は多く子どもたちが順番待ちの状態。プレハブとは違う木造建築の良さを多くの人に認識してほしいもの<9月>
木下具巳氏叙勲受章祝賀会
第23回オレンジ杯バレーボール
▲[木下具巳氏叙勲受章祝賀会]元市議会議長.木下具巳氏が旭日双光章受章。父君は興津町と清水市の合併時の町議長。具巳氏は静岡との合併時の市議長。めぐり合わせの縁とはいえ大きな功績。健康に留意されてお元気に<9月>
▲[第23回オレンジ杯バレーボール]清庵地区内郵便局の主催。45才以上の選手だが最高は70才の強者も。コツコツと定期的な運動は能力をも伸ばすことになる。大したものだ<9月>
後藤磯吉氏お別れ会
袖師保育園運動会
▲[後藤磯吉氏お別れ会]戦後清水で缶詰事業を日本のトップに押し上げ業界のみならず福祉、教育、公安等多方面で功績を残された。静岡市名誉市民・後藤磯吉氏のお別れ会が行われ多くの人の出席で別れを惜しんだ、93才<9月>
▲[袖師保育園運動会]秋晴れの下園庭いっぱいに元気に開かれた。残暑が厳しかったが暑い時期に身体を鍛えるのは大切なこと<10月>
蒲原丸百まつり
由比地区運動会
▲[庵原丸百まつり]昔の集落のつながりを大事にしている地区まつり。近くの特養施設から入居者も参加してカラオケ、踊りを楽しむ。おでん、焼きそば、おもちも<10月>
▲[由比地区運動会]合併前からの地区最大のイベント。地域対抗の熱は高く、老いも若きも燃える。今年は由比.入山が同点で由比の優勝<10月>
金美齢氏(伝えたい日本の心)
はばたけ清水っ子
▲[金美齢氏(伝えたい日本の心)]三島JC主催。マスコミで活躍中の金美齢さんの講演。いつもながらの歯切れのいい話に満場の聴衆は大満足。彼女は昨年、台湾から日本へ帰化<10月>
▲[はばたけ清水っ子]保護司会主催の中学生の意見発表会。部活.いじめ.進路等それぞれのテーマで各校代表が熱弁を披露。いつもながらだが九割は女性徒の出場<10月>
エレーヌまつりと薪能
清水区民体育大会
▲[エレーヌまつりと薪能]恒例の行事。フランスの舞姫のエレーヌ・ジュグラリスの縁で再興された羽衣まつりは好天気に恵まれ、また狂言の演者が野村萬斎ということで満席の盛況<10月>
▲[清水区民体育大会]各地区代表の1500人参加の大会。優勝をねらう地区はいずれも練習にも熱を入れているとのことで今年は岡地区が優勝<10月>
清水港マグロまつり
由比地区八幡神社大祭
▲[清水港マグロまつり]冷凍マグロ日本一の清水港のイベント。市内の寿司店めぐりスタンプラリーは会場だけでなく街を巡るイベントとしては面白い企画。マグロ重量当てクイズは持ち上げて推量出来るが果たして当たるかな?<10月>
▲[由比地区八幡神社大祭]二年に一度の神輿渡御は大人みこしに合わせて子どもも参加。最後に急階段を登っての宮入は壮観。まつりは地域の団結力を高める<10月>
第8回留学生日本語弁論大会
由比今宿まつり
▲[第8回留学生日本語弁論大会]県内の大学生8人が参加。中国、インドネシアからの学生が競い優勝者が全国大会へ。来日3年弱ながら日本語はかなりのレベル。一昨年は県代表が全国で優勝。成果が期待される<10月>
▲[由比今宿まつり]呼び物は夜の山車。町の東西2ヶ所から工夫をこらした山車が囃子に合わせて踊りを披露する。道路いっぱいの見物客で大にぎわい<10月>
県行政書士会勉強会
駿河万灯講
▲[県行政書士会勉強会]近年行政書士の業務内容が拡大され県行政との関係強化が説明された。相互に利便性があれば民間の知恵を大いに活用すべきであろう<10月>
▲[駿河万灯講]25年程前から始まった身延山本山のお会式。遠くは大阪、愛媛からも約50寺の関係者が参加。万灯飾りと信者が参道を練り歩く様は身延町の一大イベント<10月>
区老連スポーツ大会
清水港視察会
▲[区老連スポーツ大会]クロッケーリレー、順送球など多彩な種目で行われた。大会に参加する人は元気な人で道路清掃など社会貢献にも寄与している。近年老人クラブへの加入者が頭打ちになっているとのこと。原因は調査中<10月>
▲[清水港視察会]港湾視察後、関係者から現状説明と整備促進の要望を聞く。震災によりあわせて円高等、輸出の伸びが少なく経済発展が望まれる<10月>
日華友好議運
浜石の郷.秋まつり
▲[日華友好議運]議運の発足に合わせて台北駐日経済文化代表処.李明宗処長から最近の台湾事情を聞く。震災時に200億円以上の義援金を台湾から頂いたが政府は中国に気懸してか感謝の意を表しないのはおかしな話だ<10月>
▲[浜石の郷.秋まつり]特養施設入居者の慰問を兼ねてのまつり。中学生のバンド演奏、フラダンス、カラオケなど間断なく舞台では発表が…。焼きそば、おでんの販売も<10月>
日の出埠頭.日曜日開放始まる
由比街道まつり
▲[日の出埠頭.日曜日開放始まる]米国の9.11テロ以来、貿易関係埠頭から一般人の立入りが制限され高いフェンスで仕切られていたが住民の要望により日曜日に限って開放された。初日はPR不足と魚釣り禁止もあってあまり人出はなく釣りの解禁をすれば親しまれる日の出となると思う<10月>
▲[由比街道まつり]好天の下、ウォーカーも多く街中は大にぎわい。早龍レースは途中でラムネ飲みもあって参加者は四苦八苦、見物客はハプニングで笑い声や声援が飛び交った。まつりは手作りで行われることがベスト<10月>
清水愛吟会.創立55周年
我が母の記.試写会
▲[清水愛吟会.創立55周年]父母が在籍していた愛吟会も歴史を重ねて55年。長い期間の練習が効果を高めるものだが最近は加入者が増えないのが悩み<10月>
▲[我が母の記.試写会]伊豆を中心にロケを行って完成した作家.井上靖氏の自伝をもとにした作品。最近ではあまり見受けられない文芸作品。来年のGWに全国公開予定<10月>
JAしみず.土地改良区代表者知事訪問
秋田県上の岱地熱発電所視察
▲[JAしみず.土地改良区代表者知事訪問]新東名のIC近在の土地改良区の今後の利用計画を知事に説明。みかん.バラの生産者と六次産業の実践者の女性部から農業の未来を語る。知事は他に負けない産物を作れば都会から多くの人が出かけ産物が売れる。大きな期待を表明し激励。次は関係者の奮気が待たれる<10月>
▲[秋田県上の岱地熱発電所視察]原発事故以来多用な発電源が求められており地熱は有望株。可能性は全国にあり法改正もあって今後各地で開発されるかも。県内では東伊豆町で検討中<10月>
しみず地球元気村
クラフト協会展
▲[しみず地球元気村]早くも20周年。清水JCがきっかけを作り昨今はみなとまつりのスタッフが中心。震災のため、今年は秋の開催。子どもより大人が楽しんでいた<10月>
▲[クラフト協会展]紙粘土.古布ちりめん等を使った作品展。干支(辰)の人形も愛らしくユニークさもある。日本古来のあまりものを有効に使った名残かも知れないが伝えていきたいものだ<10月>
三保音楽村
清水フィル秋の音楽会
▲[三保音楽村]音楽好きが企画した音楽祭。メインはカントリー音楽だが、レストラン.喫茶等地域の店舗でフォーク.三味線など回遊式に開催。定着するといいな<10月>
▲[清水フィル秋の音楽会]市民会館大ホールの最後の清水フィル演奏会。今回は映画音楽中心。サウンド.オブ.ミュージック、007シリーズ、となりのトトロ等なじみの曲が多く聴衆も大いに楽しんだ<10月>
モンゴル国家大会議議員団来静
ボーイスカウト県連盟90周年
▲[モンゴル国家大会議議員団来静]モンゴルから4人の国会議員が来静。日本.モンゴル経済連携協定(EPA)の打ち合わせを兼ねてのもので今夏のモンゴルの視察の話で盛り上がった。来年から高校生交流が始まる<10月>
▲[ボーイスカウト県連盟90周年]日本で最初のスカウト運動発祥の静岡県。指導者表彰で長い人は60年で3名が特別表彰された。少子化の中団員の減少に歯止めがかからず1500団8万人が現状。10万人の目標は高すぎるのか<10月>
JR清水駅西口広場完成
決算特別委員会始まる
▲[JR清水駅西口広場完成]バスゾーンも整備されようやく駅前の顔が整った。サッカーのモニュメントの除幕もあり、近く直径2mのサッカーボールも設置予定。商店街が元気にサッカーが強くなれば万歳だ<10月>
▲[決算特別委員会始まる]12月議会前に集中審議。12日間。来年度予算に反映できるように密度の濃い審議を行うが量が多いので四苦八苦。ベテラン議員らしく要点をしっかり発言して行かなくては…<10月>
東京・ふじのくに交流会
大道芸ワールドカップ
▲[東京・ふじのくに交流会]例年静岡県ゆかりの経済人、文化人などが集う。今年は約450名の参加があり、川勝知事から本県の現状と将来について講演。その後は県内の富士宮やきそば、静岡おでんを囲んでの懇談会。いざとなったときはお互い力を合わせて行きたいと結束を深めた。講談の宝井馬琴師匠、元ミスユニバースの森理世さんと<11月>
▲[大道芸ワールドカップ]いまや秋の全国イベントに定着して20回目。市内34ヶ所で展開され人の動きもあって街中は大にぎわい。4日間で173万人の人出とか、経済効果は?大技小技が繰り広げられ場所取りも大変でお父さんの出番が増えてこちらの効果も大きい<11月>
金泥書の展覧会
清水東高同窓会総会
▲[金泥書の展覧会]福島久幸氏が20余年の独学で完成した金泥書。紙作りからの研究から始められたもので時間とお金は多大なもの。川勝知事推薦の[富士山百人一首]の作品も展示されており、来年の[ふじさんの日]に県に寄贈されるかも…?<11月>
▲[清水東高同窓会総会]高30期が幹事年で選抜高校野球に出場した年代で元気がいい学年。現役生の頑張りがあってOBは元気になるもの。明後年は創立90周年に。清高ファイト!<11月>
シニア婦人バレーボール大会
第16回もばた秋の味覚祭
▲[シニア婦人バレーボール大会]40才以上の大会。清水の婦人バレーは歴史もあって参加者も元気者ばかり。60才の人の表彰があってもとてもその年令とは思えない人でした。それにつけても参加者の身長は年々大きくなったようだ<11月>
▲[第16回もばた秋の味覚祭]春は地震、風評被害で中止だったのが今回は沢山の人出。焼き芋、そばを食べて川ではヤマメ釣り。絶景地めぐりのウォーキングの企画もあって少ない住民が知恵を出してのイベントは大切にしたい<11月>
清水テクノ技能祭
浜田小学校公開日
▲[清水テクノ技能祭]県の技能者養成所での催事。機械.木工.電気.パソコンと手に職をつけようとの学生が祭用のイベントを考えての実施。手作りボーリングはなかなかストライクがとれないなぁ?<11月>
▲[浜田小学校公開日]250人弱の小規模校らしく地域にとけあった感がする。学区内の風物発見の発表は楽しく子どもらしい観点を再認識<11月>
アグリウォーキングしみず
区グランドゴルフ大会
▲[アグリウォーキングしみず]JAしみずの企画。庵原地区内にコースを設定し、JAグリーンセンター.庵原球場.ナショナルトレセン等をウォーキング。新東名のビューポイントを見て原の畑総地区内でみかん狩りも楽しめて小春日和もあって400人余の参加<11月>
▲[区グランドゴルフ大会]アウスタ日本平サッカー場の開放事業の大会。30代〜60代の各年代男女総合の大会。全面芝のコートはいつもと勝手が違い悪戦苦闘の連続。しかしJリーグのサッカー場でのプレーは満足した様子<11月>
JAするが路農業祭
駒越交流館まつり
▲[JAするが路農業祭]旧庵原郡がなくなり富士川が富士市へ来年11月にはJAしみずと合併となるのでJAするが路としては最後の農業祭。みかん.キウイをはじめ農産物、加工品、イノシシの肉の燻製は珍味だった。六次産業への挑戦が農業への夢の実現に近づく<11月>
▲[駒越交流館まつり]交流館での文化事業の集大成。ステンドグラス.紙粘土.絵手紙等の展示は見て楽しい。英会話のクラスも、少し話をしても言葉の単語が出てこない。日常的にやらないと退化は早いと自覚<11月>
福祉総合文化祭(作品展)
第4回清水みなと屋台まつり
▲[福祉総合文化祭(作品展)]60才以上の人の作品展。刺子.油彩画.書が所狭しと展示。300点をかざられているので知人の作品も見られる。思わぬ特技に驚くばかりだ<11月>
▲[第4回清水みなと屋台まつり]合併してイベントが静岡へ行きがちにストップをと企画されて4回目。JR駅前の立地で人も出やすい。味自慢の66店舗の出店でお客は満喫。クイズ.スタンプラリーもあって商店街と連携も<11月>
県後援の婚活パーティで2組がゴール
養老孟司氏の講演会
▲[県後援の婚活パーティで2組がゴール]桂由美さんの協力を得て行われた婚活パーティで見事二組の夫婦が誕生。経営者協会と連合が強調した全国でも初めてのユニークな事業。結婚願望があっても今一歩前へ進めない現状に対しては後ろから押してやるしかない<11月>
▲[養老孟司氏の講演会]解剖学が専門。頭の中の不思議さを分かりやすく解説するとの定評。成績の悪い学生ほど現状に満足していていつまでたっても自分探しのフリーターにが現在の若者。職業感が欠如しているのはどこに原因が、親か教師か社会か?なんとかしなければ日本国に明日はない<11月>
NPO清水障害者サポートセンターそら10周年
JAしみず農業まつり
▲[NPO清水障害者サポートセンターそら10周年]20年前に[ホットハートしみず]としてスタート。障害者の福祉体制が未整備の中で始まりやがてNPOとして創立して早くも10年。事業もスタッフもみんな一生懸命で支えあう社会づくりで貢献。さらなる飛躍を期待したい<11月>
▲[JAしみず農業まつり]農林産物はもちろん水産も漁協の協力で食に関しては新鮮なものが広場いっぱい。前日大雨だったので野菜が少なかった。どこの店舗も元気な声が飛び交っててんてこ舞いのようだった<11月>
蒲原宿場まつり
佐藤千太郎氏叙勲祝賀会
▲[蒲原宿場まつり]旧東海道筋に沢山の店舗が並び蒲原中は時代劇の寸劇を路上で披露。[蒲中バザー]も完売目指して売り子も一生懸命。地域への愛着が生まれることだろう。ウォーキングの人達も多くの人が楽しんでいた<11月>
▲[佐藤千太郎氏叙勲祝賀会]消防一筋30余年。元清水第一分団長。若い時代から青少年育成にも力を入れて近所からは頼りにされて来た好人物。染色が本業で作った大漁旗の縁で永六輔さんとも交友関係がある。瑞宝単光章<11月>
私立高校生による料理レシピのコンテスト
畑総梅島地区完成
▲[私立高校生による料理レシピのコンテスト]各校が地元産品を使った料理のアイデアコンテスト。入賞したレシピをホテルのコックさんに作ってもらい試食。各々がメイン料理なので食べる人は完全にカロリーオーバー。でもおいしかった<11月>
▲[畑総梅島地区完成]農業の担い手育成を目的に始められた農地造成。92.4haの山地が50haの平坦な農地に大変身。調査から23年の年月がかかったが新東名が中を走る場所で茶.ミカンがよい景色を提供することだろう。記念碑の[冨岳録豊]は理事長の国持圭吾氏による<11月>
区私立幼稚園PTAバルーンバレーボール
帆船"海王丸"入港
▲[区私立幼稚園PTAバルーンバレーボール]14ヶ園の23チーム出場。幼稚園のPTAは30才平均で若くてジャンプ力もある。掛け声も元気だ。この日ばかりは父親は子どものお守<11月>
▲[帆船"海王丸"入港]清水港ならではの海王丸入港。富士山もくっきりと歓迎。卒業生は最後の航海とのこと。海の男(最近は女子も希望者が多い)の誕生も間近だ。セイルドリルの大サービスで多くの市民も大満足<11月>
12月定例県議会で質問
12月定例県議会で質問
12月定例県議会で質問
旧清水工業高校跡地の利活用について
・エネルギーの地産地消について
 1.火力発電所の誘致
 2.新エネルギーの推進
・新東名高速道路を利用した農林振興について
・教育行政について
 1.教員の不祥事
 2.新学習指導要領への対応と部活動
 3.教員の採用
 4.教育委員の人選
12月定例県議会で質問
クリックで拡大します
観光資源活用促進特別委
エス.エル.ワールド(株)情報交換会
▲[観光資源活用促進特別委]韮山反射炉.江川邸.ジオパーク構想候補地の旭滝.スコリア層の見られる地下防空壕跡等を視察。伊東市の観光関係者とも意見交換<12月>
▲[エス.エル.ワールド(株)情報交換会]年2回清水区内の木材関係者に呼びかけての情報交換。大手商社から海外駐在経験者、大手銀行の講師を招いて今後の動向を研修。一企業だけでなく地域全体で産業振興を考えていく時代には必要な研修<12月>
第6回両河内収穫祭
第12回市町対抗駅伝
▲[第6回両河内収穫祭]地域内の産物を持ち寄って産物理解を深めていくにはタイムリーな催し。天候に左右される産物だが次期への取り組みなどの情報交換もあって有意義<12月>
▲[第12回市町対抗駅伝]平成の大合併もあって参加チームは半減。地域色が薄れてしまうのは寂しいが例年通り盛り上がる。清水区チームはいま一歩。選手の発掘方法に工夫があれば上位進出は可能では?<12月>
シニア卓球大会
ちびっこミニ動物園
▲[シニア卓球大会]往年の強者も多数参加で好ゲーム展開。シニア大会はラージボールを使用するが玉筋は鋭さがあって館内は熱気があふれている。区内に卓球台が少ないのが悩み<12月>
▲[ちびっこミニ動物園]清水駅前のマンション広場。ヤギ.ウサギ.モルモット.屋内にはフクロウも。小動物を手にしたちびっこは楽しそうだ<12月>
歳末イルミネーション
浜っ子音楽会
▲[歳末イルミネーション]年の瀬になると各地でイルミネーションが行われる。静岡青葉通りも200m程にわたって毎年行われる。仙台市から始まった冬の催事だがもっとボリュームが欲しいところだ<12月>
▲[浜っ子音楽会]全校で250名弱の小規模校だがまとまりは良く各学年毎に、合唱.合奏を演じた。父母はもちろん地域住民の応援者も多く見物。冬の風物として定着<12月>
第18回少年野球教室
台風被害
▲[第18回少年野球教室]地元出身の元プロ野球選手から指導を受けられる野球教室。元横浜ベイスターズの山下大輔さんを始め手取り足取りで指導。いつの日か中学、高校で大活躍をして欲しいと多くのファンが待っている<12月>
▲[台風被害]例年にない台風の被害で両河内地内の県道で大穴。河床が削られて道路に大穴が。インフラ整備は常に大切<12月>
市民による歓喜の歌
県立美術館.契丹展
▲[市民による歓喜の歌]半年余にわたっての猛練習の成果の発表。文化センターも移転改築で最後の披露。女性優位だが男性も負けずに参加。でも高齢化が目立ってきたのは時代の波か<12月>
▲[県立美術館.契丹展]唐の時代、中国東北部から西方へ一大勢力を200年にわたって治めた契丹王朝。草原の国で遺物は最近になって発掘され日本では初めての公開。必見<12月>
恒仁会25周年
蒲原あげあげコロッケまつり
▲[恒仁会25周年]社会福祉法人として当初から伊藤理事長のリーダーシップに優れた才を発揮。評議員として関与しているが優良団体として成長している姿に誇りに思う。福祉はまさに人によると実感。今後も愛される福祉にと<12月>
▲[蒲原あげあげコロッケまつり]桜エビ焼きそば、いわしカレーを創作。次なるメニューとしてコロッケを開発。蒲原の元気印の女性陣はいつも元気だ<12月>
浜岡原発視察
浜岡原発視察
▲[浜岡原発視察]福島原発事故によって浜岡原発はストップ。坊波壁を作ることになった施設を視察。海抜18mの壁を周辺にぐるっと設けることに。約1年間で完成となるが発電がすぐOKには困難が予想される。電力不足はどんな影響が出てくるのか不安がいっぱい<12月>
農業農村整備事業現地研修
農業農村整備事業現地研修
▲[農業農村整備事業現地研修]都市部の人には理解されにくい公共事業だが、農業振興には欠かせない事業をこの目で見ることが大切。清水の新丹谷地区、島田の小水力発電、菊川の棚田、森の水田整備等を視察。少ない資源を多角的に利用することが日本人の知恵<12月>
四季を歌う会
第30回チャンピオンズカップサッカー
▲[四季を歌う会]清水区内の交流館でのアマチュアコーラスの合同発表会。有志の管弦楽演奏をバックに二曲づつの披露。それぞれお揃いのユニフォームで堂々の発表。男性コーラスは会員募集中とのこと。やってみようかな<12月>
▲[第30回チャンピオンズカップサッカー]全国各地区での大会で優勝したチームのみが参加できる選抜大会で実力No.1を決める大会と言える。清水のSALRUS ORSチームは第3位<12月>
第58回全国珠算研究集会
▲[第58回全国珠算研究集会]全国から珠算教室の先生方の研修会。県内では第1回を含めて5回目の開催。少子化の中で少なくなった悩みはあるがパチパチと指を動かすことが脳の活性化に効果が認められ再浮上も<12月>