活動報告2018年7月〜

駒越”夏の祭典”
お寺で歴史演談
▲[駒越”夏の祭典”]地域のつながりを強くするために企画されて28回、今回は朗読と弦楽四重奏。朗読は聴くだけでなく脳トレを兼ねての活舌練習もあってみんなで楽しめる。地域ならではの”えだまめコンサート”で帰りのおみやげのえだまめが楽しみ<7月>
▲[お寺で歴史演談]SPACの役者による朗読劇。今回は東寿院(但沼)で。”海舟がくれたピストル”の題で幕末であったであろう歴史のひとコマを琵琶の音をバックに熱演。お寺も歴史物にはピッタリ<7月>
みんなのコンサート
七夕まつり
▲[みんなのコンサート]出演者のほとんどが一般公募でその年の演目にそって選曲された歌を練習。一回限りの公演ながら密度は濃い。今年は大和朝廷にさかのぼっての日本武尊、百済の国への援軍を出した慮原国等の歴史がある庵原が主題。古きよき時代を童謡とともにみんなで合唱<7月>
▲[七夕まつり]時代とともに商店街の栄枯盛衰は仕方ない。それでも生き残った商店主の心意気が竹飾りに発揆される。NHKの大河ドラマにヒントを得た作品が毎年多く出品され、今年は”西郷どん”でした。清水・駅前それぞれのステージではキッズダンスやカラオケ大会もあってお客の滞留時間の延長に努力<7月>
治山砂防推進議連視察
治山砂防推進議連視察
▲[治山砂防推進議連視察]28年4月の熊本地震で前震、本震ともに震度7の大地震。7月には最大時間雨量106mmの集中豪雨禍の熊本県下を視察。地震では熊本城の被害がクローズアップされていたが阿蘇大橋の崩落、JR豊肥線、国道57号の崩落などすさまじい。菊池市狐塚川では高さ12mの砂防えん堤を設置。安心感はあるが近年は一時の急激な流れには対応が困難ともいわれている。水との闘いはエンドレスである<7月>
由比・北田の天王船流し
34回マリーンフェスティバル
▲[由比・北田の天王船流し]近年不足気味のワラを清水両河内地区から提供を受け、伝統のワラ船が今年もりっぱに作られ祭りのフィナーレとして由比川沖へと流された。町内を練り歩き厄除けの札を船に乗せ火をつけて沖へ。昔は燃え尽きるまで沖へ運んだようだが環境問題から今では適宜収容。伝統行事も今風に変化していく<7月>
▲[34回マリーンフェスティバル]初めの頃は長崎のペーロン競争にならい、有志だけのもので小規模だったが海へのあこがれを強く持つ若者中心に中身が濃くなって出走艇も多くなった。風、波あわせてコース取りも難しく、時には先頭艇が海中へ。いろいろあっても楽しい競技会。ヨット協会も協賛して無料体験も<7月>
蘆崎神社奉納相撲 青山学院大学陸上競技部創部100周年
▲[蘆崎神社奉納相撲]幼児相撲、小学生相撲が主体。昭和の時代には青年相撲が中心であったが青年団がなくなり若年化していき現状に。乳幼児の土俵入りは好評で地域に縁のある家庭から多くの乳幼児がはちまき姿でかかえられて土俵をひと回り。最近の子どもは人見知りをしない子が多く泣き声も少ない<7月>
▲[青山学院大学陸上競技部創部100周年]本大学最古の運動部であり、近年箱根駅伝等での活躍で大学を代表するクラブとしての地位を確立。めでたく創部100周年。大学関係者、OB、OG、現役約200名が出席、記念礼拝も。学生時代に東京オリンピックがあり戦後初めての箱根駅伝出場。それからあっという間の50年余となった。過去は今の積み重ねとも。また新しい歴史を築いていくことだろう<7月>
県議会・文化観光委員会県内視察
県議会・文化観光委員会県内視察
▲[県議会・文化観光委員会県内視察]委員会の担当は文化観光部のみの担当であり、文化、世界遺産、総合教育、大学、私学振興、スポーツ、観光、空港等の範囲となる。これらに基づいての県内視察であるが日程上ダイジェストに。伊豆半島のユネスコ世界ジオパーク認定となり伊豆の国市のジオリアではジオパークのセンター機能がある。オリンピック自転車ロードレースのゴールになる富士スピードウェイ。東京から200キロ余のゴールとしては申し分ないところで、当日晴れて富士山の出迎えがあれば最高<7月>
ゲンティン香港.本社訪問
ゲンティン香港.本社訪問
▲[ゲンティン香港.本社訪問]清水港に優先的にクルーズ船の寄港が認められ、国際クルーズ船拠点港への飛躍が期待される。「ゲンティン香港」はマレーシアにあるリゾート開発会社の子会社であるが世界第三位。東南アジアでは第一位のクルーズ船保有会社。清水港への通関部門をはじめとする投資等もあり、県議会の有志7人で表敬訪問。2020年から開始される業務であり、県としても優遇策を考え、長期にわたっての観光客誘致と定着化ができるようしっかりと対応していきたい。清水港の将来の命運がかかっていると言っても過言ではないと思う。香港ではスーパーに日本直送の果物もしっかりと定着している。今後も大きな期待が寄せられている<7月>
朝顔まつり 客船”スーパースターヴァーゴ”
▲[朝顔まつり]秋の菊も同様だが、品評会当日に上手に咲かせるには天候に左右されることが多く、制作者の苦労は大変なものと。ましてや朝顔は1〜2日の開花が勝負で今年のような猛暑日の連発ではいつも以上の神経を使ったと思われる。入賞作品はさすがと言う以上になし、お見事です<7月>
▲[客船”スーパースターヴァーゴ”]昨年7月に初寄港以来17回目。7万トンで乗客定員は1800余名。東南アジアクルーズで今回は上海発着便。母港化となる「ゲンティン香港」の船とあわせて清水港の新しい役者となるだろう。乗客らに清水地区の保育園児らが中国語の市内観光マップを配布。街への散策に<8月>
各地区で奉納相撲
護衛艦”いずも”初寄港
▲[各地区で奉納相撲]夏の安全祈願の神社の祭事のひとつとして相撲が行われてきた。昔は娯楽も少なく青年団もあって大人から子どもまと幅広く行われたが近年は幼児から小学生までが主力。応援のパパ、ママとジジ、ババまでの声援がほほ笑ましい<8月>
▲[護衛艦”いずも”初寄港]港まつりにあわせて海上自衛隊の協力でヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」が寄港し一般公開。甲板上の装備を変えれば航空母艦にになるのかな?専守防衛の自衛隊の装備はどこまでいくのかな?<8月>
第71回清水みなとまつり
第71回清水みなとまつり
▲[第71回清水みなとまつり]港湾地区を中心に繰り広げられるが、街中の地踊り、総おどりもすっかりと定着。次郎長道中も公募型になって有志の応募も今年は早めに締切。新人が半分近くの構成。次郎長道中保存会も再発足して将来への布石を固める。おまつりはなんと言っても心意気が大切<8月>
政民合同会議”石破茂氏”講演
知事と個別の議論
▲[政民合同会議”石破茂氏”講演]今ほど国の政策実行において国会での議論が少ない時はないように思うのは私だけなのか。俗に言われる官邸主導で役人も暴論に後付け理由を探しているようだ。一因は小選挙になく自民党内の派閥の力が弱まり政策通の議員が出て来なくなっている。自民党総裁選といえ自動的に首相となるのだから正々堂々の政策論争をしていくべきでしょうね。総裁の任期を気軽に変更するのは中国の習政権のやり方と同じに。日本国の難事解決は大丈夫か?<8月>
▲[知事と個別の議論]川勝知事とは時折、個別の議論を行う。この日はリニア新幹線の水環境問題、清水港のあり方等。多忙な知事なので要点を短く話さないとすぐにタイムアップ。時には短いレポートとして渡す事も。いつ知識を得るのか不思議だが博識には敬服<8月>
市シニアクラブ輪投げ大会
上清水八雲神社の神輿渡御
▲[市シニアクラブ輪投げ大会]ここ数年は由比チームが常に上位にいたのだが、静岡側も熱心に練習に取り組んでいると伝えられていた。練習の成果がしっかりと出て1,2位独占で3位に押切と蒲原となった<8月>
▲[上清水八雲神社の神輿渡御]約500キロと清水区内一の重量と言われている祭典行事。氏子四町内をくまなく渡るため宮入まで6時間超の長丁場となり、近隣の担手の応援が絶対条件。地域の安全と繁栄を祈念<8月>
第32回全国少年少女草サッカー大会 かんばらまつり
▲[第32回全国少年少女草サッカー大会]大会経験者でWカップロシア大会への日本代表者は5人が選出されている歴史ある大会。人数さえ集まれば自由な参加で5日間で8ゲーム(男子)と多くの対戦が出来て交流も広がる清水ならではのユニークな大会。今回は雨、猛暑でPK戦、抽選で順位を決めざるを得なかったゲームも。男子は静岡市駿河区、女子は沖縄那覇のチームが優勝<8月>
▲[かんばらまつり]”踊り好きよ蒲原で燃えつきろ!”のキャッチコピーは盆踊りを3日間、最後は12時まで踊りまくる蒲原そのもの。夏の最後をみんなで踊ろうと何百人も踊る様は壮観。豪華賞品の抽選、花火もあって大汗をかいて夏も終わった<8月>
介護支援を求めて〜インドネシアへ
ゲンティン香港.本社訪問
▲[介護支援を求めて〜インドネシアへ」近い将来、日本の介護要員不足が大問題になることが予想され、国はE.P.A(経済連携協定)を農業、技術研修目的での3年間の日本滞在を、介護研修にも広げ、ベトナムと締結。近くインドネシアへも申し入れをすることが判明したので急遽、現地への視察を行った<8月> ▲[テロゴレジョ看護学校(スマラン市)]四年制、六年制で1000人の看護学校。日本への看護師研修を実施中であり、介護方面へも新分野として興味を持ってくれた。生徒の10%は男性で少しずつ増加中、日本と同様。生徒の表情はいずれも明るい。隣地に同規模の施設を建設中<8月>
テロゴレジョ看護学校(スマラン市):模擬研修 テロゴレジョ看護学校(スマラン市):学習室
▲[テロゴレジョ看護学校(スマラン市):模擬研修]指導教官の下で、頭部打撲、下肢骨折の患者への対応を学ぶ。教官の指導にテキパキと応答していて頼もしい<8月>
▲[テロゴレジョ看護学校(スマラン市):学習室]専門用語の解説はもちろん、外国語研修にも応用して将来への展望が見えてくる<8月>
パール(真珠)日本語学校 パール(真珠)日本語学校
▲[パール(真珠)日本語学校]若死した地元経済人の未亡人が設立した日本語学校で、農業、漁業、工業部門からの日本の就業組織への就労者送り出し機関として活動している。3ヶ月、6ヶ月の語学研修を行い、就労面接ともなると本番前に模擬テストを行ない準備をする。日本で何を勉強したいのか、働いて稼いだ金は何に使うのか等狭き門の採用試験には真剣だ。インドネシアへの進出企業が日本で3年間研修をして帰国させて社内での指導員にする前向きな企業もあるとのこと。相互にプラスとなる<8月>
中部ジャワ州労働事務所 中部ジャワ州労働事務所
▲[中部ジャワ州労働事務所]責任者ヴィカ・バンタン(WIKA BANTANG)さんが出迎えてくれた。長身のインドネシア美人で笑顔を絶やさない。日本の高齢化と介護要員の大量不足で現在年間300人程のインドネシアからの技術研修生を近く、介護部門にも広げ1万人単位にとの日本の考えを伝えた。日本の4倍の国土に2億5千万人の人口で、産油国ながら国内工業が発達しないので高学歴者の就職難。もっぱら外国への就労を奨励している。日本で3年まじめに働けば帰国して農地を買い、家を建て、家族の養育が可能との事で新しい分野での門戸解放に大いに興味を示してくれた<8月>
中部ジャワ州立海外派遣研修センター 中部ジャワ州立海外派遣研修センター
中部ジャワ州立海外派遣研修センター 中部ジャワ州立海外派遣研修センター
▲[中部ジャワ州立海外派遣研修センター]労働事務所から30分ほどのところにセンターがある。常時100人の研修生が在位。シンガポール.マレーシア.台湾2ヶ月、香港4ヶ月の研修で言語、習慣をはじめ職種によっては介護、保育、ベッドメイク、その国の調理まで教える。2002年の設立で全寮制で学費無料なので入学は高倍率。産油国なのでガソリンは52〜55円、食事も街中では2〜300円も出せばOK。アジア大会でのボランティア日当が2300円で平均所得との事だ。回教徒のインドネシア人は人当たりも良く相手を慮るところがあるといわれる。酒を飲まないのでケンカは少なく、日本との関係も良く、研修生の受け入れも60年以上の歴史がある。介護分野が軌道に乗れば友好国の絆は深まる<8月>
交通インフラ 交通インフラ
▲[交通インフラ]交通インフラはこれからの状態で市民の足はもっぱらバイクであり、2人乗り、3人乗りは珍しくない。割り込みも当たり前のようにスイスイと見事といえる。クルマ1台にバイク50台の比率ぐらいか。途上国のバイタリティを感じた。交差点の信号も少ないが民間人が交差点に立って、小額のチップで右折誘導を上手くやっている。事故はまったく見なかったが争いごとはしない国民性もあるからだろうか<8月>
ジャカルタ第18回アジア大会 ”ちびまる子”の作者さくらもも子さん死去
▲[ジャカルタ第18回アジア大会]インドネシア視察が大会とぶつかりそれほどの人出ではないだろうと甘い計画で初日のホテルが予約できず、すぐに乗り継ぎ便を手配、出発時刻に余裕がなく大会を迎えて空港を広くしたので走ったり、モノレールに乗ってようやく最終便へ。空港でこんなに走ったのは初体験でした。(帰りも街中は行けなかった)現地では大会の報道はインドネシア人の活躍だけで日本の活躍はほとんどなし。終わってみれば75個の過去最高の金メダル。東京へ続くといいですね<8月> ▲[”ちびまる子”の作者さくらもも子さん死去]昭和の清水区を舞台にもも子さんが小学生時代に体験した事をベースに「ちびまる子」一家の日常生活を楽しくほのぼのとした形で漫画化。歌の作詞、エッセーと多方面に活躍。外国での出版もあって現代の長谷川町子とも。53歳はあまりにも早い旅立ちである。最後の作品はマンホールのフタに<8月>
庵原まつり
さくらワークバザー
▲[庵原まつり]農作物生産の端境期に夏まつりの締めくくりをと計画された地区まつり。子どもたちも夏休みの最後のイベントに元気良く踊りに参加。地域の団結力も高まっていく<9月>
▲[さくらワークバザー]長い歴史ある福祉施設のバザー。地域福祉の基本はボランティアが主体として成果をあげている。合併前からの地道な活動が支えでバザーも盛況<9月>
浜松野球場建設予定地
鈴木修スズキ会長
▲[浜松野球場建設予定地]政局がらみとはいえ県市合同で当初は建設へのステップを踏み出していたが市議会が突然の方向転換でストップ。二年後になって県への建設要望となった。リセットされてからのスタートはやはり時間がかかりそうだが建設に向けてGO!<9月>
▲[鈴木修スズキ会長]年に2度ほど懇談を継続。政治、経済をはじめ多分野に話がはずむ。近く公益法人に会長保有の全株(約40億円強)を寄付して、文化・スポーツの後援をすると名言。満88才であっても元気いっぱいで見習いたいもの<9月>
県総合病院.立体駐車場完成
由比ぶどう狩り
▲[県総合病院.立体駐車場完成]10年以上前に駐車場を三層の立体化をしたが、その後も駐車場不足で定期バスも渋滞で進入ができなくなっていた。4階5段の立体駐車場を新設。501台から244台増加の745台の駐車スペースが出来た。これで敷地内での増はなくなった。次は病院全体の移転しかない<9月>
▲[由比ぶどう狩り]例年、由比では2ヶ所でぶどう狩り、梨狩りが行われる。今年は猛暑で人間以上に果物の管理は難儀を!今年は新種のシャインマスカットが人気で皮をむかなくてそのまま食べられるのは重宝。夏の暑さで糖度はバッチリでした<9月>
第15回フリフォーレスカップ少年サッカー
清水技術専門学校・創立80周年記念技能祭
▲[第15回フリフォーレスカップ少年サッカー]8才以下の大会。ようやくサッカーが分かってきた年令で面白さを覚える年令でもある。まだパスをつなぐことも少なく、自分ひとりでゴールを目指す選手も多いが元気さが頼りで将来が楽しみでもある。32チームの参加<9月>
▲[清水技術専門学校・創立80周年記念技能祭]戦前からの専門学校の歴史は重いもの。手に技術をと県内3ヶ所につくられた。技能職が重きをなした時代もあったが近年はICでしかも3Dともなると設計図通りに立体物まで加工が出来る。近く大学校に移項し新しい道を模索。現代の名工が作った布団は感触が違う<9月>
救急フェア 各地区体育大会
▲[救急フェア]9月9日は救急の日。ドリームプラザで救急フェア。屋外では消防音楽隊、屋内では血圧測定、AED講習等が行われた。AED操作は何回も講習を重ねてはじめて急な時に行動できるのでは…?<9月>
▲[各地区体育大会]8月下旬から9月にかけて各地区で体育大会が行われるが今年は週末になると天候不順で延期、中止が続出。結果として半数の地区だけが実施で他は中止。区民大会への選手選出は前年の記録を参考にしたところも。夏まっさかりの実施に無理があるとの声しきり。変更されるか?<9月>
清水庁舎建設検討委
島田川越遺跡と博物館
▲[清水庁舎建設検討委」公開の委員会とはいえ傍聴者はいつも満席で住民の関心度は高い。政治問題化している訳ではないが市当局が住民に納得させる材料を提供しないで独走しているやり方に無理があるといえる。決着はどうなるのかな?<9月>
▲[島田川越遺跡と博物館]”越すに越されぬ大井川”といわれた川越遺跡を視察。大水が出れば時には1週間も足止めとなり宿代がなくなったと当時の不便さが分かる。江戸時代に幕府への反乱防止として橋を架けることが出来なかった。浄瑠璃”朝顔の松”八百屋お七の恋人の墓など歴史あるものも点在している<9月>
敬老会 咸臨丸事件
▲[敬老会]100才以上が全国で<9月>69,785人、8割は女性。1963年(昭和38年)の統計では153人。長寿大国ではあるが老々介護、認知症等、社会福祉行政のあり方が問われている。高齢が本当に幸せなのか、若年層への負担増はどうするのか<9月>
▲[咸臨丸事件]明治になって150年の本年であるが明治元年の咸臨丸事件で漂流した幕府軍兵士の遺体を収容、埋葬し、山岡鉄舟により”壮士の墓”と揮毫された。供養祭と記念講演が行われた。次郎長の功績。2020年はオリンピックイヤーであるが次郎長生誕200年でもある<9月>
第28回清水区絵画クラブ合同習作展 日本平夜市
▲[第28回清水区絵画クラブ合同習作展]清水区内の生涯学習交流館等で活動する絵画クラブの合同絵画展。大体が月2回の活動で屋外でのスケッチを主体とするグループもある。全部で120点ほどで習作ばかりだ<9月>
▲[日本平夜市]一年前程から毎月第4土曜日に山頂広場でバンド演奏をはじめ素人集団が芸の披露を行い、SNSで自由に参加しみんなで楽しんでいる。多い時は500人程の人が楽しむとのことで近くに日本平ホテルの駐車場もあってうまく運営されている。人が集まれば小金は動く。活性化になっている<9月>
第29回職人まつり 福祉のまつり2018
▲[第29回職人まつり]清水建産八業種に賛同する業界が一同にそれぞれの技能を披露。子ども達に技能職のすばらしさをアピール。職人さんの手助けでイスを作ったり本箱も<9月>
▲[福祉のまつり2018]福祉団体をはじめ商工会議所、青色申告会等、協賛団体がそれぞれ趣向をこらしてイベント参加。マリンパークは人波でいっぱいになっての大盛況。チャリティバザー、フリーマーケット似顔絵かき、車イス体験等、みんながボランティアでした。101団体のブース、来場者3万人<9月>
第39回全日本マスターズ陸上競技選手権 丸百まつり
▲[第39回全日本マスターズ陸上競技選手権]鳥取大会。静岡から新幹線ひかり、姫路で特急に乗り換えて5時間余。遠いところでした。2000人余の参加で女性がいつもより少ない。天候は程よく3000m競歩に。6位入賞。毎年30秒近く遅くなっている。このペースだとあと5〜6年で制限タイムオーバーに。練習方法をかえないとダメかも<9月>
▲[丸百まつり]庵原地区内の部農会のひとつ。毎年農業の端界期に行われるが雨に。”雨にも負けず”で広場近くの集会場でおでん、焼きソバ、焼きとり等を食べながらのカラオケ大会。20人以上が参加して高得点者は地区まつりへ。そこでの優勝者は区の大会へとなる。2年前には区で3位入賞も。熱が入る、小学生は庵原小の校歌斉唱<9月>
柴田昌年先生作品展
▲[柴田昌年先生作品展]庵原村議会議長、教育長、旧庵原村公民館長などを歴任、漢詩を創作、南画も。庵原公民館の開館70周年を記念して地域の家庭に散在していたふすま絵、掛け軸、色紙などを集めて回顧展。我が家にも先生の米寿の時の作品があるが猫が爪で引っかいてしまった。残念<9月>