活動報告2020年1月〜

箱根駅伝、母港・青学大優勝
箱根駅伝、母港・青学大優勝
▲[箱根駅伝、母港・青学大優勝]昨年は五連覇を阻まれたが今年は大会新で5回目の優勝。他のチームも各所で大会新が続出する中での優勝はまさに原マジックの極みともいえる。地元での行事もあって初日に芦ノ湖で出迎え、2回目は湯元で選手を送り出してすぐに清水へ舞い戻る。初日の選手のゴール前に初めて”箱根駅伝ミュージアム”に入ってこれまでの想い出に浸り、過去の記録集の中の自分の名前を確認。20才の青春に戻った気分でした。皆さんも一度お訪ねを!箱根駅伝博士になれる情報がいっぱいです。
余話として厚底シューズの是非論があった。50年前はシャツは綿のシャツで汗をかいた後は冷えるのでウォーミングアップの後に汗を拭き油を塗ってお腹のところには真綿を縫い付けたものでした。以後、技術革新が進み、今日の形に。グランドも土のグランドがアンツーカーにタータンにと変わってきたのだから今更と思うがどうなることでしょう<1月>
静岡市消防出初め
私立幼稚園・親子凧揚げ大会
▲[静岡市消防出初め]合併以来清水で1回、静岡で2回の割合で、出初めが行われる。駿府城公園には1700人の市消防と消防団員が集合。守りたい人、守りたい街、自分たちが守る!をモットーに日夜の訓練に。地域によっては団員数も少なく、活動にも支障があるとの声もあるが、少子化とともにこの傾向防止への妙案はなく、火災防止に努めることしかないのかも。永年勤続表彰、纏振り、はしご乗り、小型ポンプ操法等が披露された<1月>
▲[私立幼稚園・親子凧揚げ大会]三保灯台下の海岸で2000人程の親子が思いおもいの凧を持参して集合。今年は程よい風が吹き例年より高く、沢山の凧が揚がる。曇り空なので富士山を借景にの写真はNG。海岸浸食防止の効果はまだまだの状態だが世界文化遺産の構成資産”三保の松原”は守り続けなければ<1月>
第5回県障がい者サッカーフェスティバル
成人式
▲[第5回県障がい者サッカーフェスティバル]少し前までは障がい者スポーツは走り回ることなどは考えられなかったが、今はルールの違いはあってもほとんどのスポーツが行われる。サッカーも同じ。でも走りたい、ボールを蹴りたいと、目、耳の障害もものともせず、片足で杖を使って走ってのシュートもする。これが障がい者のシュートスピードかと驚くときもある。東京パラリンピックでの活躍を期待したい<1月>
▲[成人式]全市が1ヶ所での成人式が、40年程前の”荒れる成人式”となり、以来清水は小学校区で自治会が主体で行われていた。数年前から若手中心の実行委方式となり、市補助金はそちらへ。当座は自治会の出費で実施してきたが、とりやめる地区が目立ってきた。少子化の中で地域の子どもを地域で育くんでとのかけ声があっても実態が伴っていない。浜田地区は対象者の半分の出席だが小学校担任の先生との対話に会は盛り上がったようだ。中学単位ぐらいの規模がいいかな?1月中旬よりお正月にやるのも集まりやすいかも<1月>
不二見まつり 建設委員会県外視察
▲[不二見まつり]10月中心に行われている地区まつりだが不二見地区は例年1月に。どんど焼も祭りに中の主行事としている。寒い時季なので、雨が降れば体育館。屋外での舞台披露は少し寒そうだ。見物客も同様。グランドゴルフも行われている<1月>
▲[建設委員会県外視察]”コマツ10Tセンタ九州”全国の建設業界の94%は年商6億円未満で社員も10人以下である。人出不足解消にはドローンをはじめ10T化をしなければならないとして、コマツの建設機械の自動化を促進、研究している施設。安全で生産性向上が図れるようにと推進<1月>
くまもんポート八代 くまもんポート八代
[建設委員会県外視察]”くまもんポート八代”清水港と同時期に国際旅客船拠点形成港に指定された。県は駐車場エリアの整備、進出するロイヤルカルビアン社(RCL社)は旅客ターミナル、おもてなしゾーンを整備(30億円の投資)、国との連携がスムーズなようだ。高さ6メートルのくまもんのモニュメントは完成すればインパクトあり<1月>
第42回由比駅伝 天竜浜名湖鉄道活性化促進議連視察
[第42回由比駅伝]暖冬の言葉がぴったり。しかも好天気で風もなく駅伝選手は元気いっぱい。以前はJR由比駅から由比川沿いに富士宮方面に向かっての往復コースで、街をあげての大イベントだったが、交通事情から由比中周辺の周回コースで1区間約1.5キロの5区間勝負。今回の記念品は箱根駅伝優勝の青学大5区(のぼり)飯田貴之選手のサイン色紙。誰の手にいったのかな?<1月>
[天竜浜名湖鉄道活性化促進議連視察]京都出町柳から叡山電鉄鞍馬駅で鞍馬へ。義経、鞍馬天狗でお馴染みの場所であり途中までは京都市のベッドタウンとして通勤列車であり、バス停並みの駅間隔。終点鞍馬は紅葉、火まつりで有名で観光地であり鞍馬線は好調<1月>
宇都宮浄人・関大教授 宇都宮浄人・関大教授
宇都宮浄人・関大教授 宇都宮浄人・関大教授
[宇都宮浄人・関大教授]人口減少、特に地方都市が衰退している。公共機関の利用者が少なくなり、廃止され自動車に乗れない高齢者はひきこもる。欧州の国々は鉄道、バスなどを共通バスで、しかも低額で多くの人が保有することによって便利さが保持できる。この思想が大切なことと力説された。
JR西日本が中心となって私鉄、バス、船、ロープウェイ等と共通バスを作り、観光客に相互の便利さを提供、サイクリング用の倉庫を利用したバイクホテルも。30年以上前に訪れた尾道をそぞろ歩いて昔を想い出した。高松琴平電鉄はバストのジョイントを円滑にするため新駅を作り、ロータリーを広くして乗降客を増やす努力をしている。(人口増に繋がる)貸切運行電車の企画は順調<1月>
第28回三地区合同親睦婦人バレーボール大会
[第28回三地区合同親睦婦人バレーボール大会]三保半島に位置する三保、折戸、駒越のスポーツ交流。グランドゴルフも。バレーボールの指導に熱心だった三保地区のSさん。当初はボール一つが財産で体育館ではなく屋外スポーツで、松林の中で松に縄を結び付けて練習をしたもんだと、懐かしそうに話をしていた事を思い出す。主婦でもあるのでケガだけはご用心<1月>