活動報告2020年7月〜

6月県議会
6月県議会
▲[6月県議会](6月18日?7月10日)は東京オリンピック行事にあわせて決定していたので、長期となった。春先からの新型コロナ禍で、本県も感染者が出始め、経済面でも危惧されてくる。文化観光スポーツ所管では、ストレス解消としての対応策が検討される。無観客での興行収入は、波及効果はどうなっていくのか?太下義之.同志社大学経済学部教授、宮城聡.SPAC芸術総監督の両氏からの意見聴取あり。その他、富士登山の在り方、コロナ禍による高校スポーツ等の全国大会中止と対応について。静岡空港にストリートピアノならぬエアポートピアノの設置を要望。文化振興、スポーツ振興の在り方に知恵が必要となる<7月>
日蓮宗・本覚寺.蓮永寺
日蓮宗・本覚寺.蓮永寺
日蓮宗・本覚寺.蓮永寺 日蓮宗・本覚寺.蓮永寺
▲[日蓮宗・本覚寺.蓮永寺]近在にある日蓮宗の本山は本覚寺、蓮永寺と旧清水市の海長寺の三山。海長寺は近くなので何度も伺っているので、今回は静岡へ。いずれも修行寺で若い僧侶が一定期間の修行を重ねる、歴史あるお寺で風格がある。本覚寺は、石橋湛山元総理の実父が住職を務めており湛山氏も青年時代を過ごしたという。蓮永寺は家康の側室お万の方により再興され、境内にはお万の方の供養塔や勝海舟の母と妹の墓もある。南西に陸軍墓地がある<7月>
伊豆・戸田
伊豆・戸田
▲[伊豆・戸田]幕末、ロシアの軍艦ディアナ号が安政大地震で大破、修理のため戸田港に向かったが流されて富士沖で沈没。戸田造船所において、日本で初めての西洋式の軍艦を建造した歴史がある。沼津市戸田造船所郷土資料博物館は大きくはないが建造にかかわる資料等が残されていた。戸田村から合併して沼津市になったが近代日本の造船業の礎にふさわしいものにしてほしい<7月>
蒲原の歴史講演会
旧東燃工場に新たな投資
▲[蒲原の歴史講演会]蒲原宿東木戸の通称木屋の渡辺さん。山部赤人が田子の浦ゆ…と詠んだ場所は、旧国道一号線の日軽金研究所近くと。当時は富士川の川筋はかなり東側にあり、田子の浦と呼ばれる場所が広範囲と思われるとのこと。また”小金”では海岸から砂金が取れ、東大寺の大仏造立に使われ、以来の地名とか。街の研究者の話はおもしろい<7月>
▲[旧東燃工場に新たな投資]企業経営体が変わり現在はENEOS清水油槽所であり、石油精製は取りやめて、山梨方面を含んだ輸送基地。広大な土地利用が市民から求められており、サッカー場、アウトレット等の案が住民から発案されている。近く中部横断道も開通し、物流、人流の結節点として注目されている。まずは太陽光発電と蓄電池の計画が先行する。清水の飛躍に大切な場所なので、英知の結果が望まれる。”県とENEOSの相互協力調印”<7月>
秋野不矩美術館 秋野不矩美術館 秋野不矩美術館
▲[秋野不矩美術館]30年前、大阪で開かれた”国際花と緑の博覧会”の時に、当時の日本画の巨匠50名の作品が展示された。今回はその当時の作品のほとんどが展示されており、見ごたえがある。コロナの外出自粛が少し緩み、マスク姿に違和感もなく会場は少し華やかさが感じられた。美術館は街中からすぐの小高い丘に作られ、開館20周年を期に作られた空中の茶室もデザインとしてはおもしろい。新東名を利用すると清水〜天竜はかなり便利と言われたので、それを利用。一部で120キロに制限解除されていることもあり、1時間で天竜へ。道路が作られることは経済をはじめ、多くの面での便利さが生まれる。中部横断道の全線開通が待たれる<7月>
リニア中央新幹線・林道視察 リニア中央新幹線・林道視察 リニア中央新幹線・林道視察
▲[リニア中央新幹線・林道視察]JR社長、国交省事務次官に続き、自民党リニア特別委への参加要請があり、川勝知事は豪雨続きでの林道の状況調査を実施。知事は1ヶ月以上前の状況に比べ、林道は大きく崩れ、工事の再開どころか、林道整備も今年中には無理の状況とマスコミにコメント。現場主義の強味の発言と重なる。リニア推進派の基本は出水しても現在の技術でカバーして推進せよと言うが、本県には東海道線の丹那トンネル工事で破枠帯を壊して丹那盆地の水を枯らしてしまった事例をもつだけに安易に妥協は許されない。コロナ禍による在宅勤務をはじめ、生活の質の変化が求められており、またリニア始動に必要な電力に浜岡原発再稼働の心配はないという保証は?まだ多くの心配事がある<7月>
”岩本山とかりがね堤を守る会”ひまわり畑
”岩本山とかりがね堤を守る会”ひまわり畑
▲[”岩本山とかりがね堤を守る会”ひまわり畑]かりがね堤周辺は農業地域。生産だけでなく”美しい邑をつくる”として、地域協同で非農家へのアピールを重ねていく。景観づくりに汗を流す成果が多くみられる。この時期には県内各地から夏の花「ひまわり」だよりが多く聞かれる<7月>
天浜線利用促進議連・視察
天浜線利用促進議連・視察
▲[天浜線利用促進議連・視察]国鉄二俣線全線開通80周年を迎えた第三セクター天浜線。80周年を記念してのイベントも、コロナ禍で腰折れの感もあるが近年の歴代社長は県出向者が陣頭指揮。地域の足として議連として貸し切り列車を組んで車中で社長と今後の問題を協議。観光ルートの開発とあわせて沿線住民の熱意を高める方策をみんなで考えていきたい。稼働中の転車台は国内でこの場所だけの宝物<7月>
林活議連・藤枝瀬戸屋視察 林活議連・藤枝瀬戸屋視察
▲[林活議連・藤枝瀬戸屋視察]県民一人400円拠出を主財源で進められている”森の力”再生事業。材価が50年程前の単価で利益を生まない、管理が放棄された山は荒れて、やがて都市災害の原凶となる。水源函養をはじめ山林の公共的な財源をみんなで守ろうとして始められている事業。適度の間伐、管理を森林組合に委託、作業員雇用の機会を作り、環境を守っていく地道な仕事だ。手が入れば優良な材木となり、下草が生え、有害獣防止にもなる。数年後には国の森林環境税もはじまるが国民の理解をしっかりとはかる必要がある<7月>
リニア国交省有識者会議の説明
▲[リニア国交省有識者会議の説明]有識者会議の全面公開が不充分であり、JR東海の意識への低さが議論が前に進まない最大の理由と言えそうだ。国交省、JR東海が強引に中央突破をはかるための有識者会議ではと批判も出始めている。しっかりと審議をしてほしいと願う声は大きい<7月>